政治総裁職」タグアーカイブ

群馬県前橋市 前橋城跡

前橋城の築城は15世紀末とされますが、
正確な事についてはよくわかっていません。
当初は厩橋城と呼ばれ長野氏の居城だったようで、
戦国時代には上杉謙信の関東進出の拠点となり、
上杉家家臣北条高広が城主となります。

謙信の死後、御館の乱に敗れた高広は武田家に下り、… 続きを読む

福井県福井市 福井城跡

福井城福井藩越前松平家の居城。
徳川家康の次男である結城秀康によって、
柴田勝家の所領であった北ノ庄に築城された城です。

関ヶ原の戦いの前哨戦である会津征伐で、
石田三成の挙兵に対応して徳川本隊は西へ向かい、
秀康は上杉景勝続きを読む

「横井小楠と松平春嶽」高木不二

出張に行く前には、図書館で本を借ります。
出張って、仕事終わって夜に宿で何をするかが問題。
する事がないと、ろくなお金使わないので(何するんだ?)、
こういうときこそ本を読むのがいいんです。

松平春嶽は賢候と言われますが、

僕の中ではなんだかあんまりいいイメージがありません。
どの辺が賢候なのか?ちょっと最近気になったもので、
この本を選びました。

で、読んで率直な感想としては、
松平春嶽は、幕府の腐敗を改革しようと懸命に努力した人なのだなと・・。
しかし、幕府の闇は、そう簡単にはぬぐえません。
あの手、この手と彼なりに努力しますが、思惑とは別に時代は流れます。
松平春嶽の改革は、間違ってはいないかったのでしょう。
しかし、それを実行するには彼は上品すぎました。
改革は、… 続きを読む