福岡県宗像市 宗生寺/小早川隆景墓所

大穂の集落より1km程山手に入った場所に、
宗生寺という曹洞宗の寺院があります。
文明15(1483)許斐城城主多賀隆忠が、
亡き父の菩提を弔う為に創建。
後に小早川家黒田家等に庇護され隆盛し、
末寺10ヶ寺を有したという。

ここに小早川隆景の墓があります。

山門」。
名島城搦手門を移転したもの。
1本の化香樹の大木から造られたとされ、
名島城の現存遺構として大変貴重な門。


本堂」。
筑前国を治めていた小早川隆景は、
宗生寺4世の桂翁栄昌禅師に帰依し、
知行百石を寄進しています。
後に初代藩主黒田長政が五十石を、
2代黒田忠之も山林三千六百坪を寄進し、
観音堂も再建させました。


黄梅院殿泰雲紹閑大居士」。
小早川隆景の墓。
隆景は死後に遺骨は七寺に分骨せよと遺言。
そのうちのひとつがこの宝篋印塔です。

幕末を知るうえで江戸時代及び、
戦国時代までさかのぼり、
史跡や墓所を訪問しています。
小早川隆景は吉敷毛利家に繋がる為、
その延長線上としましたが、
※吉敷毛利家の遠祖小早川秀包は、
 廃嫡されて別家を興していますので、
 正確には繋かってはいませんが・・。

既に訪問済みの引接寺も含め、
あと5つも墓があるとは・・。
※他の5つは三原米山寺、京都黄梅院
 山口泰雲寺、博多聖福寺、高野山かな?

■関連記事■
山口県山口市 玄済寺/吉敷毛利家墓所
 吉敷毛利家の歴代墓所。
下関市中之町 引接寺/小早川隆景墓所
 小早川隆景の分骨墓のひとつがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です