島根県安来市 城安寺/松平直諒墓所

城安寺は安来市広瀬町にある臨済宗寺院。
鎌倉末期古愚和尚が開いたようですが、
戦国時代の兵火によって衰退しています。
慶長5年(1600)に領主となった堀尾吉晴は、
春龍和尚を招いて城安寺を再興させ、
堀尾家の菩提寺としていますが、
その後の慶長16年(1611)に、
3代堀尾吉晴松江城に居城を移すと、
城安寺も一時松江に移ったという。
その後に堀尾家が断絶した為に衰退し、
松江藩には越前松平家が入封。
寛文6年(1666)に松平近栄が分知され、
3万石で広瀬藩を立藩すると、
近栄は元覚和尚を招いて城安寺を再興し、
広瀬藩松平家の菩提寺としました。


山門」。
山門は9代藩主松平直諒の寄進で、
参道石段の先に聳える姿が良い雰囲気。
扁額も直諒の筆によるものとのこと。


本堂」。
本堂は明治時代の再建とのこと。
本尊は聖観音菩薩立像で、
両脇には木造広目天立像と、
多聞天立像が安置されており、
国指定の重文となっています。


伝 尼子義勝墓」。
尼子義勝の墓とされる宝篋印塔
本堂前庭の南隅にあります。
義勝は尼子家の一門家臣で、
尼子久幸とも称していました。
当主尼子詮久が毛利家討伐を決めた際、
無謀と諫めた為に臆病野州と謗られますが、
尼子勢は予想通り撃退されてしまい、
義勝は「臆病野州の最期を見よ!」と、
手勢を率いて突撃して戦死しました。

城安寺墓地には9代直諒の墓があります。
直諒は唯一領内で死去した為、
菩提寺の城安寺に葬られました。

城安寺墓地」。
現在の常安寺より見える小高い丘が、
城安寺の墓地となっていますが、
江戸期はここに本堂等があったようです。
地元ではお墓山と呼ばれているとのこと。


成徳院殿前従五位下佐州刺史
 賢道文哲大居士 尊儀
」。
広瀬藩9代藩主松平直諒の墓。
8代松平直寛の長男として生まれ、
父の死去に伴い家督を相続。
歴代藩主は江戸に定府していましたが、
藩主就任後に許可を得て広瀬に入り、
藩政改革に取り組んでおり、
特産品の鋳物陶器織物等、
産業の奨励を行いました。
また俳諧や絵画、書道をたしなみ、
領内でも文化政策を行う等、
善政に尽くしたとされていますが、
文久元年に領内で病死。
享年45歳で11年の治世でした。

直諒には子がなく、
弟の松平直巳が跡を継いでいますが、
直諒に似ず有能ではなかったようです。

■関連記事■
東京都渋谷区 祥雲寺/広瀬藩松平家墓所
 東京にある歴代墓所。
島根県松江市 月照寺/松江松平家墓所
 宗家の松江藩松平家の歴代墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です