山形県米沢市 吉田松陰逗留地跡

吉田松陰宮部鼎蔵は、東北遊学の際に米沢を訪れており、
その滞在を記念した碑が旧粡町に建てられています。
※旧粡町は現在の米沢市中央7丁目付近。


吉田松陰旅宿の地」碑。
3月25日七ヶ宿滑津宿を出た2人は、
花沢の関を越えて米沢城下に到着。
粡町辻西の旅籠遠藤権内方に宿泊しています。
3月26日。米沢藩医高橋玄益を訪ねて、
米沢藩の諸学士を紹介してもらおうとしますが、
その日がたまたま藩主の参勤交代を明日に控えていた為、
藩士達は多忙でそれどころではありませんでした。

仕方なく2人は藩の事情を調べたようで、
藩領や支配体制、家臣団の構成や側室や女中の出自、
特産の蚕と漆の数量や販売、納税方法まで、
市街は出発の為に警戒態勢だったと書かれていますが、
誰に聞いたのか?という程に細かく調べています。

3月27日。辰時(御前8時頃)に藩主の行列が出発。
※当時の藩主は12代上杉斉憲
2人は大町でこの大名行列を見送った後、
米沢を跡にして会津に向かいました。

■関連記事■
松陰の東北遊学①/////////
 嘉永4年の東北遊学の行程。
山形県米沢市 米沢城跡①/
 米沢藩上杉家の居城跡。
東京都荒川区 南千住 小塚原回向院
 吉田松陰の墓所のひとつ。元米沢藩士雲井龍雄の墓も。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。