山形県米沢市 米沢城跡①

①/

毘沙門天の化身として戦では無敗を誇り、
軍神と称えられた義の武将上杉謙信
米沢藩上杉家はその上杉謙信を藩祖とします。
謙信は生涯不犯を貫いた為に子は無く、
事故で溺死した親戚長尾政景の子を養子とし、
これが後の上杉景勝となりました。
天正5年に京への遠征を決意した謙信は、
織田信長勢を撃破しながら京を目指しますが、
一時帰還した春日山城で脳溢血の為に急死してしまい、
遠征は中止となっています。

謙信は景勝の他に上杉景虎という養子がいましたが、
※他にも上条政繁が謙信の養子となっています。
この2人を擁立して家中が両派に分かれて対立し、
御館の乱」が勃発。内乱は景勝の勝利で終焉しますが、
この乱によって上杉家の軍事力は大幅に低下。
周辺国に脅かされることになりましたが、
織田信長が倒れて豊臣秀吉が台頭してくると、
景勝は比較的早い段階で上洛して秀吉に臣従。
秀吉の信任を得て五大老の一人に選ばれ、
会津120万石に加増移封となりました。

秀吉の死後、徳川家康の政治的影響力が強まると、
景勝は領内支城の補修や神指城の建設を開始。
これを家康が弾劾した為、
家老の直江兼続直江状を家康に送り、
これが傲慢無礼であるとして会津征伐が決定。
直ちに関東諸大名に陣触れが出され、
軍勢が会津に向けて出発します。

これを好機として石田三成大坂で挙兵し、
その報を聞いた家康は会津征伐と中止して反転。
関ヶ原の戦いが起こりました。
上杉勢は東軍の伊達政宗最上義光と戦いますが、
関ヶ原の戦いで家康が勝利したことにより降伏。
景勝と兼続が共に上洛して家康に謝罪し、
上杉家の存続が許されることになりますが、
会津120万石から米沢30万石に減封となり、
米沢藩が立藩することになります。


米沢城絵図(現地案内板より)」。
米沢は会津時代は直江兼続の所領でしたが、
兼続は執政として若松城に詰めていた為に、
城下は整備が整っていない小さな町であったという。
米沢の町は上杉家の入城と共に整備が行われますが、
90万石もの減封で財政難の中、
直江兼続主導の許で町割りや開墾、治水事業が行われ、
藩政の基礎が構築されています。


松が岬公園(米沢城本丸跡)」。
米沢城本丸跡松が岬公園として整備されています。
本丸大手橋の舞鶴橋は現存遺構。
」の旗印にワクワクさせられます。


上杉謙信公之像」。
藩祖上杉謙信の銅像。
軍神を崇められる謙信は約70回もの合戦を行い、
生涯無敗を誇ります。
上杉軍の軍装、武器、編成などは他との相違は無く、
用兵、指揮による強さであるとされており、
野戦における采配は神がかり的とも称されました。


従三位上杉曦山公之碑」。
本丸跡の北東端にある12代藩主上杉斉憲の顕彰碑。
ここにはかつて三階櫓が建っていました。
曦山は斉憲の号で勘違いしやすいのですが、
9代藩主上杉鷹山の碑ではありません。
斉憲は幕末期の藩主で非常に開明的な人物だったという。
藩政改革や軍制改革にも成功し、
慶應2年には幕府より3万石の加増も受けています。
戊辰戦争では奥羽越列藩同盟の総督に就任。
降伏後に隠居し、明治22年に死去しました。
この碑は明治24年に旧藩士により建立されたもので、
揮毫は有栖川熾仁親王、撰文は勝海舟


伊達政宗公生誕の地」碑。
米沢城は伊達政宗が誕生した場所でもあります。
政宗の祖父伊達晴宗桑折西山城より本拠を移し、
以後は政宗の代まで伊達家の本拠地とされました。


天地人」像。
上杉景勝と直江兼続の主従
大河ドラマ「天地人」を記念して建立されたもの。
「天地人」は直江兼続を主人公とした作品で、
兼続の知名度を全国的に上げました。


上杉鷹山公之像」。
米沢藩中興の祖9代上杉治憲(鷹山)の像。
米大統領T・ルーズベルトJ・F・ケネディも、
鷹山を尊敬していたという。
米沢藩の慢性的財政難の克服の為に、
質素倹約・殖産興業・田畑の開墾等の実施、
養蚕・織物等の開発、農村振興を行い、
天明の大飢饉の際には、他藩で餓死者が多発する中、
備蓄した非常食で餓死者を出さなかったという。


上杉神社」。
参道をまっすぐ進むと上杉神社
少し長くなったので続きは次回。

つづく。
①/

■関連記事■
宮城県仙台市 仙台城跡
 奥羽越列藩同盟の主導的役割を果たした仙台藩の藩庁跡。
宮城県白石市 白石城
 奥羽諸藩による列藩会議が開かれた仙台藩の支城跡。
宮崎県児湯郡高鍋町 高鍋城跡
 名君上杉鷹山は高鍋藩秋月家出身。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。