岩手県盛岡市 聖寿寺③(楢山佐渡墓所)

//③

南部家の墓所を出て楢山佐渡の墓所に向かう。
途中の榊山稲荷神社へ。


榊山稲荷神社」。
南部家の祖新羅三郎義光より崇敬された豊受大神を、
盛岡城築城の際に榊山稲荷大明神として城内に祀り、
盛岡の総鎮守とされました。
盛岡城の廃城と共に一時廃社となり、
その後の昭和5年に現在地の北山に再建。
美しい庭園を有する神社です。
別名「もりおかかいうん神社」。

榊山稲荷神社を越えて西側の聖寿禅寺墓地へ。

楢山家墓所」。
楢山家は南部家22代南部政康の孫楢山義実を祖とし、
代々一門として家老織を務める家柄。
戊辰戦争の敗戦で家名は断絶していますが、
明治22年に再興が許されて佐渡の墓碑も建てられました。


楢山佐渡墓」。
楢山佐渡(隆至、隆吉)は楢山帯刀の長男として生まれ、
弱冠23歳で家老に就任。
第二次三閉伊一揆の鎮静に功を挙げ、
主席家老に昇進して藩政改革に乗り出し、
保守派に属して急進派の家老東政図と対立。
戊辰戦争では勤皇派を抑えて新政府に対抗し、
秋田戦争では総大将として大館城を攻略しました。
盛岡藩が新政府に降伏するとその責を問われ、
報恩寺で刎首されています。

後に盛岡出身の総理大臣原敬は、
報恩寺で開かれた戊辰戦争殉難者五十年祭で、
戊辰戦争は即ちただ政見の異同のみ」と祭文を読み上げ、
当時の盛岡藩及び楢山佐渡の立場を語ったという。

//③

■関連記事■
岩手県盛岡市 盛岡城跡
 盛岡藩南部家の居城跡。
秋田県大館市 大館城跡
 楢山佐渡は盛岡藩兵を率いて大館城を落城させています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。