岩手県盛岡市 聖寿寺①(楢山佐渡之碑他)

①//

盛岡藩南部家の代々墓所である聖寿寺
開山は孤峰覚(三光国師)で、
南部家初代当主南部光行の菩提を弔う為に、
三戸に創建されたことに始まります。
南部家の盛岡移転に伴い現在地に移転し、
寺領5百石を与えられていました。


聖寿禅寺本堂」。
聖寿寺は明治以降衰退しており、
円形の本堂は昭和34年に再建されたもの。
盛岡出身の医学者久慈直太郎の寄進とのこと。


千体地蔵堂」。
南部家ゆかりの子安地蔵尊が安置されるお堂。
実はかつて五重塔だったもので、
11代藩主南部利敬蝦夷地警護の功で、
20万石に加増された事を祝い創建されたもの。
明治の衰退で境内の伽羅の多くが売却され、
五重塔の一階部分のみ旧藩医八角高遠が購入し、
寺へ寄進した為かろうじて残りました。
子安地蔵尊と共に千体の地蔵が安置されているそうです。

南部家の納骨堂の傍には石碑群がありました。

右から「東巌川上先生碑銘」、
湍水伊藤長有之碑」。
盛岡藩の儒者のようですが詳細はわかりません。
真ん中の碑は破損して読めなくなっています。
左の2つが楢山佐渡の碑戦死の碑


楢山佐渡之碑」と「盛岡藩士卒戊辰戦死之碑」。
楢山佐渡は22歳で家老となり、
嘉永6年に起こった三閉伊一揆では、
仙台藩領に逃げ込んだ領民や仙台藩と交渉し、
盛岡藩の危機を救っています。
改革派の家老東政図と対立しながら藩政を主導し、
戊辰戦争では新政府の世に危機感を覚え、
奥羽越列藩同盟へ加盟。
同盟から離脱した久保田藩領に侵攻し、
盛岡藩兵の総指揮をとって大館城を落城させました。
その後、同盟諸藩が次々に離脱するに至り、
盛岡藩も降伏を余儀なくされ、
佐渡は敗戦の責を負って斬首されています。

盛岡藩士卒戊辰戦死之碑」は、
戊辰戦争で戦死した盛岡藩兵を慰霊する為、
明治15年に建立された碑で、
戊辰戦争時の藩主南部利剛の揮毫によるもの。

戦死之碑の脇を通って横山省三の墓所へ。

横川省三墓」。
幕末維新がテーマの当ブログの趣旨とは外れますが、
日露戦争開戦時にロシア軍輸送路破壊工作に従事し、
ロシア軍に捕縛されて銃殺された人物。
僕の好きな映画二百三高地の冒頭に出てくるので、
とりあえず参らせて頂きました。
彼はスパイとして異国の地で殺されましたが、
長州に潜伏して捕縛された神戸岩蔵など(記事はこちら)、
歴史の闇に埋もれた間者は数多かった事でしょう。

さて、いよいよ南部家墓所へ向かいます。
①//

■関連記事■
岩手県盛岡市 東禅寺(盛岡藩南部家墓所)
 聖寿寺と同じく南部家の墓所。初代含め5人の藩主の墓所。
岩手県盛岡市 盛岡城跡
 盛岡藩南部宗家の居城跡。
秋田県大館市 大館城跡
 佐渡率いる盛岡藩勢は大館城を攻め落としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。