茨城県結城市 孝顕寺(結城藩主水野勝知墓所)

孝顕寺結城家15代結城政朝によって創建された寺で、
はじめ永正寺を称していましたが、
結城家を継いだ徳川家康の次男結城秀康によって、
現在地に移転されて孝顕寺と改称されています。
結城秀康が越前に転封となった際も、
秀康は孝顕寺を福井に建立していますが、
結城の孝顕寺もそのまま残されました。


山門」。
全体を朱色に塗った楼門形式の山門には、
結城家松平家水野家の家紋が掲げられています。
江戸時代中期の建立。


本堂」。
最近再建された本堂。
孝顕寺は水野家入封後は国元菩提寺とされますが、
歴代藩主は江戸の常林寺に葬られており、
墓は10代藩主水野勝知のみです。


小場兵馬自刃之處」。
小場兵馬は国家老新政府への恭順を主張しますが、
藩主勝知が幕府に殉ずる姿勢を崩さない為、
兵馬ら恭順派は8代水野勝進の次男水野勝寛を擁立。
結城城を占拠して勝知に対抗しました。
激怒した勝知は彰義隊を率いて結城城を包囲し、
砲撃を加えて結城城を落として兵馬を捕縛。
しかしこれを察知した新政府軍は結城城に砲撃を加え、
佐幕派を追い散らしました。
兵馬は開放されましたが藩の混乱を招いた責任を感じ、
孝顕寺にて自刃しています。
兵馬の墓もあったようですが確認できず・・。

墓地の一本道を奥に進み勝知の墓へ。

水野家墓所」。
前記した様に歴代藩主は東京の常林寺にあり、
ここには10代水野勝知の墓のみあります。


従三位水野勝知之墓(中央)」。
勝知は二本松藩9代藩主丹羽長富の八男で、
兄には二本松藩10代藩主丹羽長国(六男)、
淀藩6代藩主稲葉正邦(七男)がいます。
結城藩が佐幕的な藩主勝知を廃そうとした様に、
淀藩も正邦の許可なく新政府に寝返っており、
養子藩主と国元藩士の主従関係が、
確固たるものでは無かった様子が伺えますが、
養子先が京都に近い淀藩や小藩の結城藩でなかったなら、
強硬的に新政府と対峙していたかもしれません。
勝知は新政府に捕らえられた後、
津藩に預けられた後に同族の鶴牧藩預かりとなり、
新政府より隠居を命じられています。
大正8年、死去。

孝顕寺を出て近くの称名寺へ。

称名寺本堂」。
親鸞の高弟真仏の開基した寺。
結城家初代結城朝光浄土真宗に帰依し、
真仏を招いて自らの法号より称名寺と名付けました。


結城朝光の墓」。
源頼朝に仕えた小山朝光は結城郡の地頭に任じられ、
結城朝光を名乗って結城家の祖となります。
以後、18代結城秀康が越前に移封されるまで、
結城郡は結城家が支配しました。
称名寺には朝光の他に朝広広綱時広と、
4代までの結城家当主の墓があるようです。

■関連記事■
茨城県結城市 結城城跡
 結城藩水野宗家の居城跡。
山形県山形市 山形城跡
 同族の山形藩水野家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。