茨城県結城市 結城城跡

下総国結城郡はその名のとおり結城家の治めた地で、
源頼朝に仕えた小山朝光が結城郡の地頭に任じられ、
結城朝光を名乗って結城家の祖となっています。
朝光は平家追討軍にも参加しており、
壇之浦の戦いにも参加。
結城城は朝光により築城された城で、
室町中期の結城合戦まで結城家が城主でした。

結城合戦は結城家が室町幕府に反乱を起こしたもので、
永享の乱によって鎌倉公方足利持氏が自刃した後、
当時の当主結城氏朝持朝父子が持氏の遺児を擁立。
父子は幕府より追討を受けて結城城に立て籠もり、
氏朝、持朝は討死して結城城は廃城となりましたが、
その後、氏朝の四男結城成朝が再興を許され、
再び結城城主となっています。

豊臣秀吉小田原征伐の際には、
当時の当主結城晴朝はこれに参陣して所領を安堵。
晴朝は秀吉の養子であった徳川家康の次男を迎え、
家督を譲りました。
これが越前松平家初代となる結城秀康です。

関ケ原の戦い後に秀康は越前に加増転封となり、
結城城は一時廃城となりますが、
その約100年後の元禄13年に水野宗家が入封。
廃城となっていた結城城を再建して藩庁とし、
以後は水野家が廃藩置県まで11代治めました。


城跡歴史公園」。
結城城跡は市街地に没して面影は殆ど無く、
本丸跡城跡歴史公園として公園化されています。


聰敏神社」。
公園内にある藩祖水野勝成を祀る神社。
勝成は父の水野忠重と共に徳川家康に仕え、
天正壬午の乱小牧長久手の戦い等で活躍しますが、
父の部下を切り殺した事で父に勘当。
京都などを放浪した後に秀吉に召し抱えられ、
仙石秀久の家中となりますが程なく逃亡し、
その後肥後の佐々成政に召し抱えられます。
成政が肥後国人一揆の責で切腹させられた後は、
黒田如水小西行長加藤清正立花宗茂と仕えますが、
いずれも出奔。流浪の時を過ごしました。
秀吉の死後に徳川家に再び仕官し父と和解しますが、
父は石田三成方の加賀井重望に殺され、
勝成は水野宗家と刈谷3万石を相続。
関ケ原の戦い、大坂の陣で戦功を挙げていますが、
特に大坂の陣では戦功第二とされて郡山6万石に加増され、
その後さらに福山10万石へと加増されています。
島原の乱にも出陣して戦功を挙げた後に隠居。
勝成死後、次代水野勝俊は父を祀る徳霊社を創建し、
後に吉田家によって聡敏明神の号が与えられました。


水野家顕彰碑」。
公園内にある比較的新しい碑。
結城藩水野家は水野家の宗家筋で、
大名家としては他に、沼津藩鶴牧藩山形藩があり、
維新後に紀州藩がら独立した新宮藩もありました。
特に沼津藩、山形藩の石高は共に5万石で、
宗家である結城藩1万8000石より高い。
これは4代藩主水野勝種の死去後、
僅か2歳で跡を継いだ水野勝岑が翌年に死亡した事により、
無着断絶で改易となって再興の際に石高を削減された為。
但し、宗家の格を重んじられて結城城の再建を許され、
2万石以下の小大名ながら城主大名となっており、
伺候席も沼津藩、山形藩と同じ帝鑑間でした。
※水野宗家は家康の母於大の方の実家であり、
 徳川家の外戚筋としても遇されています。



結城城跡耕地整理記念碑」。
こちらも公園内の碑で、
城跡を耕地にしたという記念碑。
誇らしげに立っていますが我々歴史ファンからすると、
鎌倉時代よりの由緒ある城に何てことを!って感じです。


内堀跡」。
公園外の南西にある空堀の跡。
浅い堀ですが幅は広い。
結城城の数少ない遺構です。

それほど収穫無く公園を出る。
結城二宮線を進むと結城小学校が現れます。

外壁は城を模したようになっており、
城跡歴史公園より城っぽい。
ここは残念ながら城域から外れていますが、
結城に城があった事が児童に少しは伝わる事でしょう。

幕末の結城藩主10代水野勝知は、
日光祭礼奉行学問所奉行を歴任。
譜代大名として徳川家を補佐する考えでしたが、
その補佐するべき幕府は大政奉還により廃止され、
王政復古によって新政府が樹立します。
勝知は新政府への態度を決めかねますが、
国家老小場兵馬の説得によって恭順を決意。
佐幕派の江戸家老水野甚四郎を謹慎させました。
しかし未だ存続する旧幕府より上野山内警衛を命じられ、
彰義隊の指揮も任されます。
これに焦った小馬ら恭順派はこれを辞任させますが、
勝知は実家の二本松藩水野甚四郎に説得され、
新政府に対抗する事を決意。
この報を聞いた恭順派は勝知の説得を断念し、
新藩主として8代藩主の次男水野勝寛を擁立します。
これに激怒した勝知は彰義隊の一部を連れて結城へ戻り、
恭順派の立て籠もる結城城を攻撃。
藩主が自城を攻撃する前代未聞の事件となっています。

結城城占領の報は直ちに東山道先鋒総督府に伝わり、
参謀祖式金八郎須坂藩二小隊と大砲隊を率い、
館林藩二小隊と合流して小金井宿に着陣。
須坂、館林の両藩兵が城門に砲撃を加えると、
城兵は応戦せずに逃亡しました。
※祖式は長州藩大組士。総督府の意向を無視し、
 横暴で理不尽な態度で戦術を誤り、
 僅か2カ月で罷免されて国元へ追放されたという。

城中に捕らわれていた小場兵馬は開放され、
水野甚四郎も自首し、取り調べの後に切腹しています。
勝知は脱出して各地に潜伏した後、二本松に逃れました。
恭順派の小場兵馬も藩を守れなかったとして、
孝顕寺にて自裁しており、
両派家老共に藩を混乱させた責を負っています。

結城藩
藩庁:結城城
藩主家:水野宗家
分類:1万8000石、譜代大名

■関連記事■
山形県山形市 山形城跡
 同族水野監物家の居城跡。老中水野忠邦を輩出。
福井県福井市 福井城跡
 結城家は越前松平家となり福井藩主となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。