大分県大分市 浄安寺(府内藩大給松平家墓所)

府内藩藩主家の親清流大給松平家は、
大給松平家祖松平乗元の次男松平親清の系譜で、
親清の子松平近正徳川家康の関東移封の際、
5500石を与えられて独立した家でした。
近正は伏見城の戦い鳥居元忠らと共に討死しますが、
家康は嫡男松平一生板橋1万石を加増し、
親清流大給松平家は大名となっています。

一生の次代松平成重大坂夏の陣で武功を挙げ、
2万石で西尾藩に加増転封。
その後さらに2200石を加増されて、
丹波亀山藩に転封となりました。

成重の次代松平忠昭は転封を繰り返し、
最終に府内藩に落ち着いて以降、
大給松平家の府内藩は廃藩までに10代続きます。

常安寺は松平一生が父の菩提を弔う為に開山し、
親清流大給松平家の移封と共に移転し、
府内藩への移封の際には府内城三ノ丸内に移転。
領内菩提寺及び墓所となりました。

浄安寺本堂」。
現在の浄安寺は先の大戦後に荷揚町に移転し、
鉄筋コンクリートの近代的な本堂となっており、
この移転の際に墓地も上野ヶ丘に移転され、
その敷地の殆どが駐車場となっています。


雲晴院殿現譽徳翁智山大居士」。
4代藩主松平近貞の墓。
歴代藩主の墓が上野ヶ丘に移転していますが、
この近貞の墓だけが境内に残されています。
理由は不明ですが、養子だったせいかもしれません。
田原藩2代三宅康雄の三男ですが、
 生母は府内藩2代松平近陳の娘です。



府内藩主竹中重利公之墓」。
近貞の墓の隣にひっそりとあります。
竹中家は大給松平家入封以前の藩主で、
この竹中重利は初代藩主。
府内城を近代城郭に改修した藩主として知られ、
竹中半兵衛の従弟か甥にあたるという。
竹中家は次代竹中重義が密貿易の疑いで改易され、
これに代わって大給松平家が入封しました。

浄安寺にあった墓地は、上野ヶ丘に移転しています。

上野ヶ丘墓地公園」。
中心地にある寺院の墓地が集められた墓地で、
公園と名付けられていますが、
各寺院の墓地が集合した紛れもない墓地です。
土地計画の為に墓地を移転したのでしょう。

墓地公園にある地図に「浄安寺墓苑」のエリアがあり、
これに従って探してみると意外にすぐ発見。

大給松平家墓所」。
一段高くなった位置に並ぶ墓石。
3代、5代、7代、8代藩主の墓と、
大給家合葬墓があります。


大智院雲譽徳水如眞大居士」。
3代藩主松平近禎の墓。
向かって左から2番目にあります。


觀光院殿照譽無涯壽玄大居士」。
5代藩主松平近形の墓。
近禎の墓と大給家合葬墓を挟んだ右側。


浄岳院暁譽飜然清遊大居士」。
7代藩主松平近義の墓。
右から2番目にあります。
右端の墓は誰のものかよくわかりません。


大鏡院殿寂譽智徳閑山大居士」。
8代藩主松平近訓の墓。
藩主時代は父松平近儔の干渉を受けおり、
これに逆らった為に隠居させられていますが、
その近儔の死後は実権を握って、
9代松平近信、10代松平近説の後見人となり、
嘉永5年に死去するまで藩政に関与しました。

この大給松平家の墓地には説明板がありません。
何も知らなければ素通りしてしまうかもです。
ここに府内藩の藩主家墓所がある事は、
地元でも知らない人がいるのではないでしょうか?

■関連記事■
大分県大分市 府内城跡
 府内藩大給松平家の居城跡。
大分県大分市 大分懸護圀神社
 大分市にある護国神社。西南戦争の戦死者等の墓碑があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。