岡山県岡山市 大光寺(足守藩木下家墓所)

豊臣秀吉の正室北政所の兄木下家定は、
関ヶ原の戦いで中立を保ち、
足守に2万5千石を与えられました。

家定の死後、幕府は遺領を長男と次男で分ける様に指示。
しかし長男木下勝俊が遺領を独占した為に、
次男木下利房がこれを不服として幕府に訴え、
勝俊は幕命違背として改易されました。

その後、利房は大坂の陣において戦功を上げ、
改めて旧領の足守を与えられて以後、
12代続いて明治維新を迎えています。


山門」。
足守藩第4代木下利当が創建したの菩提寺。
なんだか荒れ果てている様子。


本堂」。
草生した参道を歩いて本堂にたどり着きますが、
どうも廃寺となっている様子です。

木下家の墓所は本堂の裏手ですが、
山門を出て北側より向かわなければなりません。

足守藩木下家墓所」。
墓所への参道を進むと墓所が現れますが、
藩主家の墓所はその一番奥の高い位置です。


敬文院殿前肥州観翁慧定大居士」。
5代藩主木下㒶定の墓。
赤穂藩浅野家赤穂事件で改易された際、
龍野藩2代藩主脇坂安照と共に赤穂城に赴き、
城の受取を行った事で知られます。
藩政においては善政を布いて民を富ませ、
家臣の教育にも力を入れていたという。


観光院殿前濃州性峯高潔大居士」。
6代藩主木下利潔の墓。
先代の5代木下㒶定には実子がおらず、
はじめ弟の木下利安を養嫡子としていましたが、
利安は素行が悪かった為に廃嫡。
同族の日出藩木下家より木下㒶福を迎え、
養嫡子としていましたがこの㒶福にも先立たれ、
㒶定は弟木下藤栄の三男木下利潔を養嫡子としました。
その後、利潔は19歳で家督を譲られていますが、
10年後に病死して3歳の子木下利忠が跡を継いでいます。


瑞麟院殿利嶽元徽大居士」。
9代藩主木下利徽の墓。
病弱で政務もままならなかったとされ、
僅か3年で隠居して養嫡子木下利徳に家督を譲ります。
とはいえ隠居後50年近く生きており、
その死は最後の藩主12代木下利恭の就任後でした。

他の藩主の墓所は東京都港区の泉岳寺でしたが、
現在は無縁墓として廃棄されたとか。
※他の大名家の墓も廃棄されているようです。


天章院殿温良利玄大居士」。
杉原木下宗家14代当主木下利玄の墓。
白樺派の歌人として知られています。
11代藩主木下利愛の次男木下利永の次男で、
伯父で宗家当主であった木下利恭の死去により、
僅か5歳で家督を継ぎました。
東京帝国大学国文科を卒業して国文講師となり、
その傍らで歌人として活躍。
同級であった武者小路実篤志賀直哉らと交友し、
反アララギ派の大合同誌「日光」に参加しました。

元々は足守藩木下家の系統は杉原を名乗っており、
備後国品治郡の地頭であったという。
そしていつの頃か尾張に移住するようになり、
この杉原家の娘ねね木下藤吉郎の正室となって、
後にねねの兄杉原孫兵衛に木下姓が与えられました。
その後も藤吉郎の立身に沿って、
羽柴姓や豊臣姓を与えられています。
杉原木下家は江戸時代も本姓を豊臣と名乗る事を許され、
維新後の華族制度でも豊臣朝臣と分類されました。

岡山県岡山市 足守陣屋跡
 足守藩木下家の陣屋跡。
大分県日出町 松屋寺(日出藩主木下家墓所)
 同族の日出藩木下家の菩提寺。
大分県日出町 日出城跡
 日出藩木下家の居城跡。