下関市上新地町 長門国厳島神社

長門国厳島神社は名前からもわかるように、
広島の厳島神社と同様に宗像三神(厳島三神)を祀る神社。
安徳天皇の御座船に乗っていた御分霊を地元民が見つけて、
社殿を建設し、新たに広島の厳島神社より御分霊を勧請しています。


一の鳥居」。
マンションに鳥居が食い込んでるのが面白い。
地主がマンションを建てる際、鳥居をどうするか考えた挙句、
こうすることになったのでしょうか?
鳥居を切断するという罰当たりなことはできず、
苦肉の策といったところでしょうかね。



二の鳥居」。
道路をはさんで二の鳥居が見えます。
現在の境内はここからです。
萩藩新地会所跡」はこの写真のすぐ左側にあります。


大太鼓」。
小倉城落城後に焼け跡に残っていたものを、
戦利品として持ち帰り、ここに奉納したもの。
小倉城再建の際に返還要求がありましたが、神社側が突っぱねたとか。
博物館などにあるものならいざしらず、一度奉納されたものならば、
神様の持ち物ですので、返却には応じられないでしょう。


社殿」は浮浪者の放火によって全焼してしまい、
新しい社殿となっています。
高杉晋作は、小倉戦争の戦勝祈願をここで行いましたが、
海上安全の神の御利益を期待したのでしょうか?
大太鼓を奉納したのは、小倉城落城のお礼というわけですね。

■関連記事■
下関市伊崎町 伊崎厳島神社・鈴ヶ森稲荷神社
 近くの伊崎町にも厳島神社があります。
福岡県北九州市 小倉城
 大太鼓は小倉城にあったものだという。
下関市竹崎町 大歳神社
 奇兵隊旗揚げの軍旗を奉納した神社。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。