福井県福井市 横井小楠寄留宅跡ほか

出張で福井市に2週間滞在。
以前福井市に来た時に訪問できなかった史跡を、
余った時間で巡ってみました。

前に訪問した由利公正宅碑(記事はこちら)の川向いに、
横井小楠が福井滞在中に寄留した跡地があります。

横井小楠先生寄留宅跡」。
熊本藩士であった横井小楠は、
才知ありながら熊本藩では用いられず、
私塾小楠堂を開いて門弟を育てていました。
そこへ諸国遊学中の福井藩士三寺三作が入門。
三寺によって小楠の名が福井藩に知られ、
藩主松平慶永(春嶽)によって福井に招かれます。
肉親の不幸などで熊本に戻りながらも、
小楠は計4回も来福しており、
4度目はこの場所を寄留宅としました。
文久3年に坂本龍馬はここを訪れており、
意気投合した2人は対岸の三岡八郎(由利公正)宅へ、
舟で渡って3人で時勢を語りあったようです。

横井小楠寄留宅跡より1本北側の道の角に、
異人館跡の碑があります。

異人館跡」。
藩校明新館の理化学教師W・E・グリフィスの居館跡。
福井藩は慶応3年に海外留学生をアメリカに送ります。
その留学生日下部太郎ラトガース大学に入学し、
上級生であったグリフィスと出会いました。
日下部は極貧の中で熱心に勉学に励みますが、
卒業目前に病に倒れて志半ばで死去。
グリフィスは日下部ら日本人の勤勉さに心打たれ、
日本で教鞭を振るう事を決意して来日し、
福井藩に雇われて理科を教えました。
廃藩置県後は大学南校で教えた後、
帰国して牧師となっています。


日下部太郎、ウィリアム・エリオット・グリフィス像」。
横井小楠寄留宅跡より川の堤防に上がると、
日下部とグリフィスの銅像が建てられています。
日本人の勤勉さは美徳のひとつであり、
それに魅了されて遥々日本に外国人がやって来た事は、
素晴らしい事だと思います。

横井小楠は福井藩で政治顧問として活躍し、
藩政改革や幕政改革に参画しました。
新政府発足後は参与に任じられており、
その活躍が期待されましたが、
明治2年に十津川郷士らに暗殺されています。
暗殺の理由は横井が欧米追従者であるというもので、
事実無根の勘違いによるものでした。

TwitterなどのSNSが普及する現在、
何か政治的ニュースの第一報が発信されると、
即座に批判のコメントをアップする人達がいる。
結局は第二報、第三報で真実が判明し、
大恥を掻いているケースが多い。
その報道が真実であるかないか裏付けも取らずに、
誤報を信じて行動に移すという愚。
芸能人やスポーツ選手などだけではなく、
意外に学者や知識人、報道関係者にも結構いる。
SNSでの発信は現代の凶器であり、
それは暗殺にも似たものとなっています。
方法は変われど幕末期と何ら変わっていない。
科学は発展しても人間は進化していないようですね。

■関連記事■
京都府京都市 京都霊山護國神社④
 霊山護国神社の横井小楠の墓。
福井県福井市 福井城跡
 福井藩越前松平家の居城跡。
福井県福井市 由利公正宅址ほか
 足羽川向かいには由利公正の旧宅跡があります。