アーネスト・サトウにふるまった西洋料理

アーネスト・サトウ著「一外交官の見た明治維新」には、
四国連合艦隊との講和会議後の元治元年8月27日に、
伊藤博文がアーネスト・サトウを西洋風の料理で、
接待したと記されています。

出された料理は6品。
1.煮たロックフィッシュ
2.鰻の焼いたもの
3.すっぽんのシチュー
4.アワビの塩蒸
5.鶏肉の煮たもの
6.米で作った甘いビールに漬けた未熟な柿の皮を剥いて四つ切りにしたの

これらを再現した企画とかあったりしてますが、
サトウは美味しくなかったと言ってる品もありますので、
忠実に再現されたものではないでしょうね。

で、実際どんなものだったのかちょっと考えてみました。

1.煮たロックフィッシュ。
ロックフィッシュとは根魚の事。
岩場の生息する魚の事で、カサゴ系の根魚の事ですね。
これは現在の日本中どこでも良く釣れる魚ですし、
僕も子供のころよく釣った記憶があります。

その時に出された根魚がなんだったのかはわかりませんが、
カサゴとかメバルとかアイナメでしょうね。

サトウはその魚を切るのを、大変苦労したと言っています。
煮物って相当やわらかいはずですよね。
もしかしたら甘露煮とか佃煮?それなら小魚だし・・。
そうなると鮮魚ではなく、干物を煮たのかもしれません。
砲撃戦で関門海峡で漁ができなかったので、
干物を使ったという可能性もありますね。

2.鰻の焼いたもの。
これはウナギの蒲焼で間違いないでしょう。
サトウも旨かったと言っています。

3.すっぽんのシチュー。
シチューといえばクリームシチューとかをイメージしますが、
煮込み料理の総称でもあります。
どう考えてもクリームやビーフのシチューではないと思うので、
すっぽんの煮込み料理だったと思います。
これもサトウは旨かったと言ってます。

4.アワビの塩蒸。
サトウはお話にならないと言っていますが、
まあそんなにマズイもののできる食材ではないので、
単純に好みに合わなかったのでしょう。

5.鶏肉の煮たもの。
サトウはこれを食べるのを断念して連れに進めたとの事。
相当食べにくかったということで、
骨付きだった事は間違いないでしょう。
骨付きの鶏肉を煮た料理って何でしょうね。
とにかく美味しくないし、食べにくいものだったのでしょう。

6.米で作った甘いビールに漬けた未熟な柿の皮を剥いて四つ切りにしたの。
デザートでしょうね。
米でつくった甘いビールって日本酒?
調べてみると「柿の日本酒漬」や「柿の甘酒漬」はあるので、
それをそのまま出したんじゃないでしょうか?
サトウはこれを絶賛しています。

サトウが美味しいと感じたものをみてみると、
ウナギの蒲焼とすっぽんシチュー。柿の日本酒漬。
どうも味の濃いものがお好みのご様子。
下関の味付けは上方に近いので、基本的には薄味です。
魚もアワビも鶏肉も薄味だったんでしょうね。

■関連記事■
日本初の西洋料理を開いた草野丈吉
 日本初の西洋料理店は、文久3年に長崎で誕生しました。
伊庭八郎の征西日記①////////////
 伊庭八郎の日記は食べ物の事ばっかり。
幕末下関のフグ事情
 何故、下関はフグの本場なのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。