下関市長府 大乗寺

長府にある大乗寺は、江戸期には浄厳寺と呼ばれ、
明治になって大乗寺に改称されました。
ここに奇兵隊士の墓や興膳昌蔵の墓があります。


大乗寺山門」。
長府商店街の北端。隣は一字庵菊舎の墓のある徳応寺


本堂」。
大乗寺墓地は本堂の裏にあります。


興膳家墓所」。
本堂から裏へ廻るとすぐにありましたが、
興膳昌蔵の墓石は見当たりません。
そこで本堂にもどって訪ねると、男前のお坊さんが説明してくれました。
昌蔵さんの墓石は割られてしまいここにはありません。
 死んでも恨まれたのでしょうね。

 墓石は大乗寺の飛地にあります」とのこと。

興膳昌蔵は、長崎で医学を学んだ蘭医。
家族で長府に移り住み、兄の興膳慎平(上の写真の左手の墓)と共に、
西洋医学で長府の病人を救いました。やがて藩にもその名声が届き、
代表して兄慎平が藩医として召し抱えられます。

昌蔵の方は、医学に留まらず藩に海外貿易や竹島の開拓を提案するなど、
先見の明がありました。
しかし攘夷志士達には、夷人と密貿易を提案する昌蔵は、
外国に利益をもたらす賊漢に映りました。

そんな中、昌蔵は長州藩士福原清助と共に、
停泊している英国船に近づきます。英国船に乗り込もうとしたのか、
偵察の為に近づいたのかはわかりません。
とにかくそれを目撃したのは、阿川毛利家家臣田村内蔵之助と他一名。
彼らはけしからんと昌蔵を暗殺してしまいます。
※一緒にいた福原清助は殺されていません。
そんな昌蔵ですから暗殺された後も、墓石を割られたのでしょうね。

その後、田村内蔵之助は昌蔵の弟によって敵討されました。
昌蔵の墓石の場所は教えてもらいましたので、後日行ってみます。


奇兵隊士の墓」。
橋本虎吉墓中村元之進墓
この両名は小倉戦争開戦の日、大勝利で下関に帰還する際、
奇兵隊士18名を乗せた舟が長州艦庚申丸と接触して沈没してしまい、
この2名が犠牲となったそうです。

あとで調べたら、この墓地には下関戦争の戦死者の墓もあるらしい。
近いうちにもう一度行ってきます。

■関連記事■
下関市長府 大乗寺~興膳昌蔵の墓を探す
 興膳昌蔵の墓石はどこに?
下関市長府 維新発祥の地
 功山寺挙兵から維新が始まったという説。
下関市長府 正円寺~長府藩洋式砲術家 河崎董の墓所
 長府藩のマルチエンジニア。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。