兵庫県高砂市 曽祢の松

河井継之助塵壺の中で、
曽祢之天神を拝し松を見る」と記しており、
曽根天満宮を参拝したようです。


曽祢天満宮」。
菅原道真大宰府へ向かう道中に、
伊保の湊から上陸してを植えたとされ、
後に子の菅原淳茂がそこに天満宮を創建しました。


曽根の松」。
道真が手植えしたと松は「曽根の松」と称され、
その木は御神木として敬われましたが、
羽柴秀吉播州征伐の兵火で衰弱し、
寛政10年に枯死してしまいますが、
樹下に実生した二代の松は巨大に成長し、
大正13年に国の天然記念物に指定されたという。
しかしこの松も松喰虫の被害で枯死。
三代目、四代目の松は短命に終わり、現在は五代目。
どれが五代目かよくわかりませんでした。


古霊松(霊松殿)」。
初代の松は枯れてはいますが、
その幹は残されて祀られています。


中を覗くと巨大な幹にしめ縄がされていました。
これが菅原道真の植えた松との事。

河井継之助の見た曽根の松は、
時期的に二代目の松なのですが、
この初代も見物していると思われます。

石の宝殿と同じくシーボルトはこの松をスケッチ。
自著「NIPPON」第1冊に掲載されました。

■関連記事■
河井継之助の塵壺①///////////
 河井の備中松山への道中日記。
兵庫県高砂市 石の宝殿
 河井は石の宝殿を右に見て進みました。