河井継之助の塵壺⑨

つづき。
////////⑨///

9月29日。晴。
朝、①山中を出発して舟木を通る。
この宿場はが名物で石炭が出るところ。
三韓征伐の時にこの山で船を造ったという。
また、赤間石硯もこの辺りより採掘される。
人情も穏かで長州路は宜しく思う。
不作であれば減税があり、
豊作でも余計に徴収はしない。
賭博は厳禁で、もし犯す者あれば島流し
見物人でも4~50日は牢屋に入るらしく、
近頃は賭博をする者がいないという。
大国の風俗は奥ゆかしく中国往来で一番と思う。
長府に宿泊。この辺りの島々は皆の持領。
藩札も格別に良い。
西国は藩札で政治の善悪がわかる。
※長州人の人情や政治を褒めていますが、
 後にこの長州藩と戦う事になります。
 長州の賭博の取り締まりに触れていますが、
 河井は自藩でも賭博を禁止政策しています。

 
9月30日。晴。
長府藩は本家と違って政事は良くない。
領民も藩を褒めず、下関の者の話でも、
下関が無ければやっていけないという。
長府より二里ばかり行って壇之浦を通る。
九州と僅か10丁あるかないかと思われ、
これ程の海の流れが速いのは初めてみた。
安徳帝の御社は急いでいるので参詣はぜず、
阿弥陀寺より豊前の内裏へ渡り、
内裏より二里弱で小倉に入る。
出羽庄内酒田の本間と云う人と道連れとなる。
途中、長崎遊学中でから帰る途中だという。
身なりといい持ち物といい雅で、
道案内も楽になるとおもっていたら、
何度か通った道を間違ってうろたえおり、
あきれ果てて自ら道を聞いて本道に出た。
三里行って③黒嵜に宿泊。
※長府藩の評判は良くない様子。
 庄内酒田の本間といえば大庄屋本間家の人物?
 方向音痴だったようで、

 呆れて置いて行ったようです。

10月1日。晴。
黒嵜より山に掛かり近道を行く。
川を渡りソコ井ノという所へ出て、
赤間の宿を通り、④畦町に宿泊。
※ソコ井ノは底井野の事。

10月2日。晴。
畦町をたって香椎宮の前を過ぎる。
道は黒田候の往来ゆえに広く、
並木の松も茂って大大名の風格を自然に備える。
筥嵜八幡へ参詣。本堂の造りが見事。
海辺に出て本道を通らず松原を通り、
博多に出て宿を取った後に見物に出かける。
天神町大名町は大家があるところ。
東照神君の社に拝礼し、町を通って宿に帰る。
人吉藩士と同宿。夜に柳町なる女郎町を見る。
よか娘は奥に居る」としきりに勧められ、
その言葉が可笑しくて大笑いした。
また同宿の賀州人は町人のようで町人でもない。
日本中の諸藩の様子を知る希代の男である。
尋ねると薬を売ってブラブラ遊んでいるという。
話を聞きたかったが急いでいるので別れた。
※筥嵜八幡は現在の筥崎宮の事。
 東照神君の社は荒津山にあった東照宮で、
 維新後に廃社となって、

 跡地に光雲神社が建立されています。
 同宿の賀州人は加賀藩の探索方でしょうか?
 その割にペラペラ喋っているようですが・・


10月3日。晴。
朝出立する前に人吉の士が
用向きがあって来たが用が済まずで退屈ゆえ、
大宰府までお供する」という。
前夜より話しているが、
互いに名乗らないまま懇意になる。
大宰府への道で何用で来たのかと尋ねると、
鎗剱の道具に致す牛皮を買いに来たという。
武士のようで経済に精通した役人と思われる。
⑥大宰府に行って天満宮を拝す。
結構なもので額は唐人の筆が多く、
堂の中の燈籠や狛犬、
その他何事も善美を尽くしている。
九州随一の宮と云うのもわかる。
宝満山という筑前第一の高山があって、
登ってみたいが時既に遅く不可能であった。
彼も博多には帰らずに行くところがあると、
半道ばかり行って礼を言って別れた。
大宰府より低い山を越えて原田の宿へ出る。
これは長崎街道である。
対馬藩領の⑦田代に宿泊。


9月29日~10月3日の行程。

つづく。
////////⑨///

■関連記事■
新潟県長岡市 榮涼寺(長岡藩牧野家墓所)
 長岡の藩主家菩提寺に河井の墓があります。
新潟県長岡市 河井継之助邸跡
 河井邸は現在記念館となっています。