河井継之助の塵壺⑥

つづき。
/////⑥//////

7月9日。晴。
伊丹の酒屋は剣菱を始め大家あり。
千石、二千石も一間にて造るという。
ナタニは不親切な宿の為、洗濯もできない。
昼前まで待って①大坂を出立。
十三川を渡り神崎、伊丹を過ぎて、
中山の観音に参る。②生瀬に宿泊。
※ナタニはどういう意味かよくわかりませんが、
 2日程竹式という宿屋に逗留していますので、
 その事だと思います。
 中山の観音は聖徳太子建立の中山寺の事。


7月10日。晴。
生瀬を立って③有馬へ。
昼前に着いて奥ノ坊に宿を取り、
五度入湯。夕方に鼓ヶ滝を見る。
※奥の坊は最近まで営業していましたが、
 2013年より休業中とのこと。
 鼓ヶ滝は有馬温泉の名所のひとつ。
 昭和13年の水害で滝が倒壊する前は、
 水音が鼓のように響いていたという。

 しかし5度も入湯って凄いですね。

7月11日。晴。
有馬は名高い湯治場。
家数は4~5百もあるので栄えている。
朝2度入湯。午前10時頃に出立。
六甲山を越えて御影を脇に見てに出た。
右に摩耶山の観音見て生田明神を参拝。
湊川楠公の墓へ参り④兵庫に宿泊。
※楠木正成の墓への参拝はお約束ですね。


7月9日~11日の行程。

7月12日。終日風強雲。
①兵庫を立って築島を見て清盛の墓を訪ねる。
須麻寺を右に見て敦盛の墓に出て、
一の谷を通り舞子の浜に掛かる。
明石に至り忠度の墓を見て人丸の社に登った。
浜辺にでて松林を進み③高砂に宿泊。
※平家の墓3連発。
 海岸線では松ばかり見ています。

7月13日。晴。
高砂姫路領で家数も多く船着きなので賑やか。
朝立って松を見て、船着きの様子を見に行き、
石の宝殿(記事はこちら)を右に見て、
曽祢の天神(記事はこちら)を拝し松を見る。
播州は実に松の名所なり。
④姫路に入り遥かに天守を見る。
城下は実に良いところであった。
正条に宿泊。
※石の宝殿は生石神社にある御神体の巨石。
 河井が見た曽祢の松は2代目で、
 現在は5代目とのこと。



7月12日~13日の行程。
 
7月14日
①正条を立って②赤穂へ廻る。
義士の寺(記事はこちら)あり。
寺の横に公の墓をはじめ四十七士の墓あり。
少し行って塩場に出る。盛んなるものなり。
山を越え沢を下り終止山道。
備前路に入っても山道で堤が多い。
片上に宿泊。
※赤穂といえば義士に塩。
 塩については詳細を図入りで記載しています。


7月15日。晴。
片山を出て伊部を通る。
津山川に沿って歩き④岡山に達す。
水が十分に引かれて干ばつの憂いは無いだろう。
瀬尾に宿泊。
※岡山の水利に関心し、淀の水車を思い出し、
 自藩との違いや活用方法を考慮しています。
 これが腐地整備に役立てられたのでしょう。
 瀬尾は妹尾の事。


7月16日。大雨。間々晴。
由加山を見物して下ツ井に出て、
讃岐に渡ろうとしたが、
大雨の為に松山に向かう事にした。
瀬尾より右に吉備の社を見て板倉に出る。
板倉より松山道は分かれ城下までは八里。
二里ばかりは平らだがあとは山道。
途中の休憩所で松山の藩札が随一と聞く。
少々遅くなったが盆の事で、
道中で野宿するのは嫌なので松山まで急ぐ。
午後8時頃に⑥松山に到着。
※松山では始めに武家宿「花屋」に宿泊し、
 山田方谷門下の許可が下りてからは、
 長瀬の方谷宅や御茶屋「水車」に宿泊。
 以後、9月18日まで松山に滞在しています。



7月14日~16日の行程。

つづく。
/////⑥//////

■関連記事■
新潟県長岡市 榮涼寺(長岡藩牧野家墓所)
 長岡の藩主家菩提寺に河井の墓があります。
新潟県長岡市 河井継之助邸跡
 河井邸は現在記念館となっています。