青天を衝け9

第9回「栄一と桜田門外の変
お千代と祝言を挙げた栄一が鼻の下を伸ばしていると、
尾高長七郎が帰ってきて江戸の状況を伝える。
長七郎の熱い話に感化されて、
栄一も喜作尊王攘夷に傾倒していく。

江戸では徳川斉昭が国許で永蟄居となり、
一橋慶喜も隠居謹慎となります。
慶喜は風呂にも入らずに雨戸を閉めて蟄居を続け、
無言の抵抗をしている様子ですが、
その雨戸が非常にボロい・・・。
ここは一橋邸ですよね??
まあその方が感じは出ますが・・・。

水戸浪士らは井伊直弼桜田門外の変で暗殺。
この情報が栄一らにも伝えられ、
血気に逸る栄一は父市郎右衛門に江戸行き懇願します。


ちょい駆け足かな?
安政の大獄は井伊がリストに赤線引いてるだけ、
あまり大獄感が伝わらなかったなぁ。
吉田寅次郎もリストに載ってたし。
斉昭は余生を楽しく過ごしてるようでしたが、
倒れて死んでしまいます。
しかしあそこでキスシーンがあるとは・・・。

■関連記事■
青天を衝け8
青天を衝け10、11、12