福井県大野市 洞雲寺(内山良休、内山良隆墓所)

大野市に2度目の訪問。
前回訪問時はあいにくのでしたが、
今回は青天に恵まれました。
再度大野市を訪れた理由は、
幕末大野藩を支えた内山兄弟の墓所及び、
藩主家墓所大野城への再訪が目的です。

大野藩は7代藩主土井利忠の下で、
大規模な藩政改革が推し進められる事となり、
財政の健全化、軍制改革や人材育成が図られ、
どれも大きな実績を挙げました。
その改革に大きな役割を果たしたのが、
今回墓所を訪問する内山良休内山良隆兄弟。

内山家の墓所は市街西端にある洞雲寺

山門」。
洞雲寺は斯波氏の家臣二宮将監が開基し、
元勅禅師によって開山された曹洞宗の寺院。
後に二宮家は朝倉孝景によって滅ぼされますが、
代わって朝倉家の外護を得て存続しました。
その朝倉家も織田信長に大敗を喫し、
当主朝倉義景は大野に逃れこの洞雲寺に入り、
再起を図ろうとしますが、
従弟の朝倉景鏡の勧めで賢松寺に移り、
※賢松寺は現在の曹源寺。
そこで景鏡の裏切られて殺されています。


本堂」。
境内はそれほど広くはありません。
本堂は築年はわかりませんが古いようで、
創建当時のものかもしれません。


内山良休墓」。
山門を入ってすぐ左にある内山良休の墓。
大野藩士内山良倫の長男として生まれ、
江戸で朝川善庵などに学び、
武士にあるまじき商才を持つと称されたという。
大野藩主土井利忠に弟の良隆と共に抜擢され、
財政再建の為に藩経営の大野屋を設立。
大坂屋七太郎を代表者名義として使用しました。
特産品の煙草などを大坂で販売し、
洋式帆船大野丸を建造して蝦夷海産物も商い、
全国に支店も展開して各地の特産品を販売し、
多額の債務返済に貢献しています。
この功績によって 万延元年に家老に昇格。
廃藩置県後は旧藩士の授産に尽力し、
銀行類似会社の良休社を設立しました。
明治14年、死去。


贈正五位内山良隆墓」。
本堂後脇にある内山良隆の墓。
大野藩士内山良倫の次男として生まれ、
大坂の緒方洪庵や、
江戸の朝川善庵、佐久間象山に学び、
帰藩後に兄と共に抜擢され軍制改革を担当。
北蝦夷の開拓を献策して北蝦夷開拓に尽力し、
文久3年には執政軍務総督に就任しますが、
翌元治元年に病死してしまいます。

大野屋で知られる大野藩ですが、
他にも大々的に洋学を振興した事でも知られ、
内山兄弟は適塾緒方洪庵と親交が厚く、
洪庵の推挙で伊藤慎蔵洋学館で教授するなど、
大野藩の蘭学振興策に大きく貢献しました。

大野藩の財政再建及び諸改革は、
この内山兄弟の貢献なくしては語れません。
80万両の負債を返済して黒字経営とし、
当時の最先端の洋学学校を開設し、
人材育成、軍制を西洋化するなどの他、
当時未開の北蝦夷開拓にも乗り出しており、
これを僅か4万石程度の小藩が成し得ました。
もちろん7代藩主土井利忠あってこそですが、
その実務をこの兄弟が担当してなければ、
これ程の効果は得られなかったでしょう。

■関連記事■
福井県大野市 大野城①
 大野藩土居家の居城跡。
福井県大野市 雨の中、大野市を巡る
 大野市のその他の史跡。
福井県坂井市 三国湊
 大野屋の支店の建屋が現存しています。