京都府京都市 天満屋騒動跡

慶応3年11月15日。
坂本龍馬中岡慎太郎近江屋で暗殺されます。
海援隊陸奥宗光は龍馬の仇を討つことを誓い、
紀州藩が暗殺事件の黒幕であると断定し、
※紀州藩はいろは丸事件で恨みがあったという。
紀州藩公用人三浦休太郎を討つことを計画。
三浦の危険を察知した紀州藩は、
新選組に三浦の警護を依頼し、
斎藤一大石鍬次郎ら7名が護衛につきました。


旅籠 天満屋跡」。
現在はマンションになっており、
小さなお地蔵様のが建っています。


維新之史蹟 慶應三年十二月七日 天満屋騒動之跡
勤王之士 贈従五位 中井正五郎殉難之地
」。
お地蔵様の脇に建てられた石標。
三浦は新選組と共に天満屋2階で酒宴を行い、
そこへ陸奥ら海援隊及び陸援隊が襲撃しました。
この襲撃には十津川郷士中井庄五郎も参加。
中井は龍馬と親交があったようで、
宴席に入るなり三浦に斬りつけており、
行燈が消された暗闇の戦闘が行われますが、
新選組に斬られて中井は討死してしまいます。
陸奥ら襲撃側は素早く引き上げており、
中井は以外は2~3名が負傷したのみ。
対して新選組は宮川信吉舟津釜太郎が死亡し、
他に重傷1名を含む3名が負傷。
階下にいた三浦の若党ら3名も死亡しており、
新選組側の被害が大きかったようす。
しかし守るべき三浦は負傷したものの生還。
一応の名誉は守りました。

■関連記事■
広島県福山市 鞆の浦①///
 いろは丸事件の交渉が行われた場所。
京都府京都市 不動堂村屯所跡
 この時の新選組屯所は不動堂村にありました。