長州藩主と英国艦隊提督の会見

慶応2年11月、木戸貫冶(桂小五郎)は鹿児島に向かう途中、
長崎に立ち寄ります。

英国東洋艦隊もたまたま長崎に寄港しており、
木戸は司令官のジョージ・キング提督と会見。
会見の際にキング提督は下関への寄港と、
長州藩主への拝謁を強く求めてきました。

木戸は鹿児島に行くので即答できないと答え、
鹿児島からの帰路、下関で藩政府に手紙を書き、
拝謁の可否を考えてくれるように促します。

藩政府はこれを英国との繋がりを作る好機と考え、
藩主毛利敬親に具申すると、敬親もこれを許可。
世子毛利元徳と、岩国の吉川経幹が対応する事となります。

キング提督は藩主への拝謁を希望していたのに、
世子に対応させようとしたのはどうしてでしょう?
未だ攘夷論の根深い藩事情からか?
大藩の藩主がわざわざ提督ごときに会えるかと思ったのか?
めんどくさいので世子にさせようとしたのか?
とにかく藩主本人が出るべきでないと決定したのは、
下関での予定を、三田尻に変更した事からもうかがえます。
※下関は他藩人の通行も多く、
 多難を避ける意味で三田尻に変更したのか?

キング提督側も三田尻での引見を了承。
下関から三田尻に向かいます。

三田尻では井上聞多が出迎え、厚狭毛利家家臣貞永永隼太邸に導き、
毛利元徳と吉川経幹が中門で出迎え、挨拶と酒宴を行いました。
しかし、キング提督は藩主拝謁を改めて強く要望した為、
早馬を山口まで飛ばして敬親を呼び、
いそいで三田尻に向かって、酒宴の中頃に敬親は到着しました。
ここでさらに盛大な酒宴を執り行い、饗応を尽くします。
キングも長州藩の好意に感謝し、翌日に艦内を案内することを約束。
午後5時頃に艦に引き上げました。

翌日、敬親、元徳、経幹は、丙寅丸で英国艦ユーリアラス号に向かう。
ユーリアラス号は日の丸を掲げ、礼砲を放って、楽隊に演奏させ歓迎。
前日の歓迎の感謝と進物の礼を述べ、艦内を案内します。
大砲発射の実演や、艦内での饗応なども行い、
キング提督と敬親、元徳のスリーショットの記念撮影も行われました。
とどこおりなく引見が終わったかに見えました。


藩主親子とキング提督のスリーショット。

・・・が、キング提督が英国公使パークスに報告したところによると、
鹿児島、宇和島、福岡で接触した人々から受けた好意と友情が、
三田尻では欠如している。また、外国人に対する猜疑心からの自由も
欠如していたように思ったと。
同席した通訳のアストンも藩主と多数の家臣に、
友好的な感情が感じられなかったとしています。
パークスもこの報告を受けて、
本国に「福岡藩より長州藩の歓迎が劣っていた」と報告しています。

これについては、ある程度仕方がないのかなと。
ついこないだまで攘夷の急先鋒であったわけですし・・。
また、他国は藩をあげて歓待できますが、
藩論変更したばっかりでまだまだ攘夷派も根強く、
できるだけ隠密に会見したいのが本音でしょう。
他藩の城や御殿と、三田尻の陪臣屋敷では無理もないでしょう。
※本来なら迎賓には三田尻御茶屋を利用するはず。

キング提督が期待していた歓迎には及びませんが、
とはいえ一応の有効関係は築けたようです。

■関連記事■
下関市豊北町神田 肥中港
 ゲベール銃3000丁が陸揚げされた港。
防府市三田尻 防府紀行①
 三田尻港と御茶屋。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。