下関市豊北町神田 肥中港

肥中港は、特牛港のひとつ北側の湾にある港で、
小さな漁村といった雰囲気の港です。


豊北町大字神田肥中(肥中港の場所)

この小港が歴史上重要な場所であった事は、
一般にはあまり知られていません。
大内氏時代より朝鮮貿易の港として整備され、
鎖国後も密貿易の拠点であったとされます。
北浦の隠れた場所でありながら、
肥中街道により山口にも結ばれており、
輸送にも大変優れた場所でもありました。


肥中街道の石畳
僅かながら残る肥中街道の石畳。


旧酒田家住居」。
現在も民家のようですので遠巻きに撮影。
廻船問屋酒田家の屋敷だった建物です。

薩摩藩海援隊の仲介により、
英国商人グラバーからゲーベル銃3千挺を購入。
長崎から肥中港へと密かに運ばれました。
この受け取りに大村益次郎伊藤春輔らが、
1万5000両を持って出張し、
酒田家に千両箱が大量に運び込まれて、
武器代金の支払が行われました。
その際には千両箱の重みで座敷が抜け落ち、
急遽座敷を厚板に取り変えたという。


恩徳寺参道」。
港を一望できる場所に立つ恩徳寺へ。
恩徳寺は大内義隆夫人が建立した寺院で、
縁結びの「結びイブキ」があります。
※「結びイブキ」の写真は撮り忘れました。


恩徳寺本堂」。
屋根には穴が開き、今にも崩れ落ちそう。
ロープが張られ進入禁止となっていました。
崩壊の恐れがあって危険ということでしょうか?
建て替えとか補修などの予定はあるのかな?


船究番所跡」。
恩徳寺墓地の手前の更地が船究番所の跡。
北浦巡視吉田松陰もここを訪れており、
役人の大田要蔵と夜明けまで話しました。
(記事はこちら


船究番所跡からは肥中港が一望できます。
この小さな港から陸揚げされた武器で、
長州は数倍の幕府軍と戦いました。

■関連記事■
長崎県長崎市 グラバー家墓地
 長州藩はグラバーより銃を購入。
下関市豊北町阿川 阿川毛利家墓所
 肥中は阿川毛利家の所領。
下関市豊北町神田 附野薬師と俵石
 吉田松陰も見学した珍しい岩。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。