長崎県長崎市 グラバー家墓地

小学校の修学旅行グラバー園に行った記憶がありますが、
当時はそれが何なのか関心も興味も無く、
花が植えられた庭園を持つ洋館だという印象だけがあり、
それが武器商人の旧邸であるとは思いませんでした。

ジャーディン・マセソン商会の社員であったグラバーは、
長崎に移り住んでマセソン商会の代理店を設立。
これが「グラバー商会」です。
はじめ生糸の輸出を取り扱っていましたが、
幕末の政治的混乱に乗じて武器の販売を開始。
幕府や諸藩に武器弾薬や蒸気船などを売っています。
薩摩藩士長州藩士の密航の手引きも行い、
坂本龍馬亀山社中とも取引を行いました。

グラバー商会は、幕末の動乱が収束すると倒産
グラバー自身は日本に留まり三菱の相談役となっています。


新坂本国際墓地」。
グラバーは明治44年に死去し、
長崎の新坂本国際墓地に葬られました。
坂本国際墓地が手狭になったことにより、
道路を挟んだ向かい側に増設された外国人墓地です。


墓地内。
横浜神戸などにも外国人墓地はありますが、
やはり独特な雰囲気がありますね。
カタカナで外国人の名前が刻まれた墓など、
失礼ながらなんだか可笑しいなと思ってしまいます。


IN MEMORY OF THOMAS BLAKE GLOVER.」、
倉場家之墓」。
墓地の一番奥にあるグラバー夫妻と息子夫婦の墓。
グラバーは芸者であったツルと結婚していますが、
ツルはグラバーに先立って死去して太平寺に葬られ、
その分骨がグラバーと共にここに葬られました。
ツルは揚羽蝶の女紋を用いていた事から、
オペラ「蝶々婦人」のモデルとも云われていますが、
蝶々さんが悲劇的な人生であったのとは対照的であって、
現在ではその説は否定されています。
長男の倉場富三郎の母は、ツルとも前妻加賀マキともされ、
自身では実母は加賀マキであると公的文書に記していました。
富三郎は長崎で漁業に携わるなどしていましたが、
第二次世界大戦によってスパイ疑惑を掛けられ、
疑いを晴らす為に積極的に軍に協力し、
終戦後に自殺しています。

グラバーとツルの間にはハナという娘がおり、
英国商人ウォルター・J・ベネットと結婚して、
4人の子をもうけたようで、
グラバーの系譜は現在も続いているようです。

■関連記事■
長崎県長崎市 出島跡
 鎖国日本の外国への門戸。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。