山口県山口市 御茶屋跡/山口宰判勘場跡

藩主の領内巡視などに使用された御茶屋は、
各地の街道沿い温泉地に置かれ、
他藩や幕府使節迎賓にも使用されました。
山口にも当然御茶屋は置かれています。


山口市中川原町周辺(山口御茶屋跡の場所)
御茶屋は亀山の麓の一の坂川沿いにありました。


一の坂川」。
山口を本拠とした大内氏は、
一の坂川を京の鴨川に見立てて、
その町割りを行ったとされています。
山口御茶屋はこの一の坂川沿いにありました。


御茶屋跡(亀山公園ふれあい広場)」。
中河原御茶屋とも呼ばれました。
山口御茶屋のあった場所は、
亀山公園の一部であるふれあい広場あたり。
跡碑などはないようです。


ふれあい広場前の橋は御茶屋橋
遺構は全く残されていませんので、
こういう橋名が残っているのは、
とても嬉しいことですね。

長州藩の藩庁であるは、
広い領内を指揮するのに不便な為、
山口移鎮を計画しています。
建前上は藩主の毛利敬親が、
湯治を理由にこの山口御茶屋に滞在。
ここを政事堂として政治を行いました。
同時に山口屋形の建設を開始し、
その完成後は屋形に政事堂は移されて、
正式に山口政事堂となっています。
その後の御茶屋は政事堂と近かった為、
藩主が使用する事はありませんでした。

また敷地内には山口宰判勘場も設けられ、
細々とその業務を行っていたようですが、
藩主が御茶屋を利用した際には、
場所を明け渡して近くの町屋に移動して、
業務を行っていたという。
こういう状況であった為に、
山口移鎮の際には御客屋に移されています。
※御客屋跡は現山口地方裁判所

■関連記事■
山口県山口市 山口政事堂跡(再訪)
 萩より藩庁を移転して本拠とした城。
下関市吉田 吉田宰判勘場跡/御茶屋跡
 18あった 宰判勘場のひとつ。
山口県長門市 先大津宰判勘場跡
 18あった宰判勘場のひとつ。