下関市吉田 吉田宰判勘場跡/御茶屋跡

長州藩では直轄地を宰判という行政区分に分け、
各地に代官を置いて行政を行わせていました。
宰判には勘場と呼ばれた役所が設けられ、
租税徴収、治安維持、裁判等が行われています。
吉田山陽道赤間関街道が交差する要所で、
藩直轄地の最西に位置していた為、
吉田宰判勘場が設置され、
美祢郡南西部と厚狭郡西部を管轄してました。

東行庵から県道262号を北に進み、
下関市立吉田小学校の北側の細道に入ると、
勘場の土塀が残っています。

吉田宰判勘場跡」。
微妙に土塀が残されて井戸の跡もあり、
現在は取り壊されていますが、
近年まで土蔵が残っていました。
隣接して御茶屋も建てられていたようで、
参勤交代の諸大名の宿泊施設等に、
利用されていたようです。


数年前まで木々で鬱蒼としていた記憶が・・。
現在は更地となり標柱も建てられていました。


小学校側には状態良く土塀が残っています。

奇兵隊が吉田に転陣した際には、
陣屋の建設されるまでの屯所に利用され、
勘場に割り当てられた隊士は「勘場詰」、
御茶屋に割り当てられて隊士は「御茶屋詰」、
と呼ばれたという。
勘場は代官が、御茶屋は諸大名が使用するので、
居心地は悪くなかったでしょうね。

■関連記事■
山口県長門市 先大津宰判勘場跡
 18あった宰判勘場のひとつ。
下関市吉田 奇兵隊陣屋の守護神
 奇兵隊陣屋の裏にあった天神社の跡。
下関市吉田 法専寺(首斬り六地蔵)
 奇兵隊の屯所となった寺院のひとつ。