下関市吉田 吉田宿跡

吉田宿西国街道宿場町であり、
終点の赤間関宿前の最後の本宿にあたり、
本陣として長州藩直営の御茶屋も置かれ、
また本藩の最西の領地だった為、
郡役所である吉田宰判勘場が置かれており、
周辺一帯の本藩領を支配しています。


吉田周辺。緑の線が西国街道で、
分岐する青い線は赤間関街道中道筋
吉田宿は赤丸あたり。


吉田宿跡」。
赤い瓦の家屋が並ぶ吉田の街並み。
古い家も多く見られます。
赤間関街道中道筋にも連結し、
への分岐点のひとつでもあった為、
交通、交易の要所となっており、
宿駅人足58人、15疋が常備され、
大変に賑やかであったという。


末富家邸」。
吉田の庄屋を務めた末富家の邸宅。
後に奇兵隊が吉田に転陣していますが、
吉田陣屋が完成するまでは、
この末富家邸が本営となっており、
軍監山縣狂介はここの2階で下宿しました。
※山縣は後に石川良平の娘お友と結婚し、
 清水山の麓に草庵を建てています。

高杉晋作の葬儀もここで行われており、
西国街道は晋作を弔う提灯の行列が、
下関から吉田まで途切れなく続いたという。

■関連記事■
下関市吉田 吉田宰判勘場跡/御茶屋跡
 吉田宿の藩営の本陣。
下関市吉田 奇兵隊陣屋の守護神
 奇兵隊吉田陣屋と天満社。
奇兵隊の吉田転陣
 なかなかスムーズにはいきません。