酢醸造業「奈良屋」入江和作

高杉晋作の金銭的支援者として真っ先に浮かぶのは、
廻船問屋「小倉屋」の白石正一郎ですが、
他にも酢醸造業「奈良屋」の入江和作という人物が、
晋作に大きな支援をしていました。

入江和作といえば、入江九一の弟にして、
後の内務大臣・逓信大臣野村靖の旧名と同じですが、
全く関係ありません。
また、同じ下関の商人と言う事で、
白石とごっちゃにされていることも多いのですが、
白石の場合は詳細な日記を残していますが、
入江は書物を残していませんので、
これが後世の知名度に繋がったのでしょう。

豪商として語られる「小倉屋」白石正一郎ですが、
実際にはそこまで大きな商売をしているわけではなく、
清末藩の御用商程度の中小規模の商人でした。
それに比べ、奈良屋は酢の醸造を生業としていましたので、
商売も安定して資金力も豊富だったようです。

彼も尊皇攘夷の志を持ち、
白石同様に下関に訪れる尊王志士達を支援しています。
土佐藩を脱藩した坂本龍馬は、
長州藩士小田村素太郎(楫取素彦)の紹介で入江を訪ね、
奈良屋の世話になりました。
功山寺挙兵の際にも2000両の大金を提供し、
クーデターの成功に貢献。
※ちなみに白石は他の奇兵隊士と同様に、
 晋作の挙兵に反対しています。

そして、おうのも入江和作の紹介だと云われ、
おうのの身請け金も入江が負担しており、
四国への逃亡資金も負担しています。

晋作は逃亡中に入江に手紙を書いています。
内容を要約すると、
聞多や俊輔にも手紙を出しません。
 その他の諸君にも会うことがありましたら
 宜しくお伝え下さい。何かご用がありましたら、

 日柳燕石までご連絡下さい。
 貰ったお金はまだ残ってますが、
 使い切ったら使者を送りますので、

 どうぞよろしくおねがいしま~す。
・・・入江はこれを読んで苦笑いした事でしょう。

こんな甘えた晋作を、入江は最後まで面倒見ています
こういう人ってほんと、度量が大きいと思いますね。

■関連記事■
山縣の結婚式の日に晋作が危篤となる
 山縣有朋の祝言の日に、晋作が危篤であるという知らせが入ります。
下関市中之町 引接寺~伊藤家・入江家墓所
 引接寺にある入江の墓所。
高杉晋作ウォーク(唐戸周辺コース)③
 入江の「奈良屋跡」にも行ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。