山口県萩市 当島宰判勘場跡

長州藩では直轄地を宰判という行政区分に分け、
代官を置いて地方行政にあたらせていました。
宰判には勘場と呼ばれた役所が設けられ、
租税徴収、治安維持、裁判等が行われています。

当島宰判勘場阿武郡西部地域を統括し、
その管轄には萩城下も含まれていたという。


当島宰判勘場跡」。
萩自動車学校の東隣の公園が、
当島宰判の勘場があった場所とされますが、
遺構は皆無で跡碑もありません。
当島宰判勘場は浜崎宰判勘場と共に、
御船蔵の辺りに設置されていたようですが、
寛政4年(1792)に現在地に移転。
廃藩置県まで役割をになっていましたが、
勘場は明治9年の萩の乱で焼失しています。

■関連記事■
下関市吉田 吉田宰判勘場跡/御茶屋跡
 吉田宰判の勘場及び御茶屋の跡。
山口県長門市 先大津宰判勘場跡
 先大津宰判の勘場跡。
山口県宇部市 船木宰判勘場跡/御茶屋跡
 船木宰判の勘場及び御茶屋の跡。
山口県山口市 小郡宰判勘場跡/御茶屋跡
 小郡宰判の勘場及び御茶屋の跡。
山口県長門市 前大津宰判勘場跡
 前大津宰判の勘場跡。