山口県山口市 小郡宰判勘場跡/御茶屋跡

長州藩では直轄地を宰判という行政区分に分け、
各地に代官を置いて行政を行わせていました。
宰判には勘場と呼ばれた役所が設けられ、
租税徴収、治安維持、裁判等が行われています。


小郡宰判勘場跡/御茶屋跡」。
小郡宰判勘場には御茶屋が併設され、
藩主の領内視察の休憩所に使用されています。
このように御茶屋が併設されたパターンは、
吉田宰判などいくつかあり、
対外使節の応接にも利用されました。

下関戦争での敗北を受けた御前会議は、
この小郡御茶屋で行わたようで、
藩主毛利敬親の御前に藩首脳陣の他、
高杉晋作井上聞多伊藤俊輔が同席。
藩首脳の無定見に激怒した井上が、
憤慨の末に切腹しようとして、
晋作らが止めたという話も残っているという。
ちなみに井上は小郡代官も務めています。

■関連記事■
下関市吉田 吉田宰判勘場跡/御茶屋跡
 18あった 宰判勘場のひとつ。
山口県長門市 先大津宰判勘場跡
 18あった宰判勘場のひとつ。