山口県宇部市 山中宿跡

山中宿西国街道の宿場町ですが、
宿場は下市と上市に分かれていました。


宇部市山中周辺。緑の線が街道筋。
街道は甲山川に沿って進みます。
西側の赤丸周辺が下山中宿(下市)で、
東側の赤丸周辺は上山中宿(上市)。

まずは西側の下山中宿から。

下山中宿跡」。
国道2号線沿いにある下山中宿跡。
左右に集落の家屋が並んでいますが、
道路拡張で宿場の雰囲気は感じられません。

山中宿の本陣は下山中宿。

山中本陣跡」。
標柱が建てられていますが、
この山中宿本陣についての詳細は不明。


薬師堂」。
下山中宿唯一のお寺で、
大内隆弘の眼病を治癒したとされ、
大内家の庇護を受けていたという。

薬師堂を過ぎた辺りから街道は国道を外れ、
直進して旧道に変わります。

下山中宿の旧家。
古い家屋もある程度は残っています。

次は上山中宿。

上山中宿跡」。
こちらは宿場の雰囲気をよく残しています。


熊野神社」。
山中宿を開いた伊豆浪人伊藤彦四郎が、
大内家9代大内広世の許可を得て、
熊野権現を勧請して創建された神社。
ツルマンリョウの自生地のようですが、
草花に疎くてよくわかりませんでした。

上山中宿の東端に極楽寺跡の標柱があり、
その寺が本陣として使用されたという。
※写真は撮り忘れました。
双方は別の宿場の様になっており、
本陣も双方にありますので、
これを同じ宿場として良いものか疑問ですね。

■関連記事■
山口県山陽小野田市 厚狭宿跡
 西国街道の宿場町。
山口県山口市 小郡宿跡
 西国街道の宿場町。
山口県防府市 宮市宿跡
 西国街道の宿場町。