山口県山口市 小郡宿跡

小郡宿は古くからの山陽道の宿場町で、
山陰道の追分でもあった為、
交通の要所として長州藩から重視され、
宰判勘場も置かれていました。


小郡周辺。緑の線が西国街道
北側の青い線は山陰街道となっており、
三ッ辻が起点(終点)となっています。
赤丸の周辺が宿場のあった場所。
残念ながら宿場跡は開発されて面影は無し。
県庁所在地に新幹線が通っていない為、
現在も山口の玄関口となっており、
ある程度の開発が成されました。


本陣三原屋跡」。
西中国信用金庫小郡支店となっており、
全く面影は残っていませんが、
正面の植木に説明板が設置されています。
長州藩下関攘夷を決行し、
外国船に砲撃を加えていますが、
これに対して幕府朝暘丸を派遣し、
幕使中根市之丞らが将軍の親書を、
藩主に直接渡す為に三原屋に入りました。
下関に係留されていた朝暘丸内に、
小倉藩士がいたのが発覚した事から、
これに疑念を抱いた奇兵隊が艦を拿捕。
また中根が将軍の親書と言っていたものが、
老中の泰書であった事も火に油を注ぎ、
藩内過激派は幕使一行を襲撃し、
目付鈴木八五郎と中根の従者二人が殺され、
中根も舟で逃げた沖合で惨殺されています。

■関連記事■
山口県宇部市 山中宿跡
 西国街道の45番目の宿場町。
山口県山口市 小郡宰判勘場跡/御茶屋跡
 18あった 宰判勘場のひとつ。
山口県山口市 三原屋事件史跡①//
 幕使を襲った三原屋事件。