軍靴の音が・・・・

夏になると「軍靴の音」が聞こえてきます。
といっても軍国主義になるとかではなく、
戦争モノのドラマや映画、特番がTVで流されるから。
もうある意味夏の風物詩ですね。

集団的自衛権とかなんたらかんたらも拍車をかけておりまして、
やたらと目に付く。
世間にはこんなにもLOVE&PEACEな奴らが、
いっぱい居たんだと思うのは、ネット社会だからでしょうか?

デモやネットで、「戦争反対!」なんて言っていますが、
「戦争反対!」ってことは、「戦争する!」って政府が言ってるのか?
いやいや集団的自衛権の審議のお話らしい。
なら「集団的自衛権反対!」でいいじゃんって思う。

安倍は戦争を起そうとしている」とも言われますが、
少なくとも集団的自衛権の範疇では戦争を起すことはできません。
「戦争を起す」ということは、戦争の起きていない状態から、
他国に攻め込むということです。
それは集団的自衛権の範疇ではできません。
ただ戦争が起こってる地域に行って、
戦闘になるということはおこりえる事です。

「反対」や「賛成」と言っている人達が、
どれだけそれをわかっているのか・・。
デモに参加してる人達が、どの位知識があるのか・・。
僕には「ダメ!ゼッタイ!戦争!」と書かれたプラカードが、
ダメ!ゼッタイ!○○!」と言ってる別のデモと似てると思った時点で、
お祭り騒ぎにしか見えません。ノイジー・マイノリティってやつです。

大坂に住んでいる時、バイト先でU君という人物がいました。
U君は明るく人懐っこい性格ですが定職につかず、
週3日位バイトしてあとは遊ぶという変わった子でした。

その子が○○建設反対のデモに参加するというので、
○○建設反対の理由を聞いてみると、
いや別に。友達が行くって言うから面白そうだし・・・。
何かに反対するってかっこいいですやん!
」と言う解答でした。
・・・そんなもんなんですよね。
デモしてる人全てがそういうわけではないでしょうけどね。

さて、幕末にも尊王攘夷運動という反政府活動があったわけですけど、
全員が全員「憂国の志士」では無かったわけで、
外人が日本の地に足を踏み入れるだと?斬ってくれる!」とか、
志士になったらオマンマ食えるらしい」程度の考えの者もいました。
そういうことで「志士」を名乗る浪人が、京都や各地を騒がせたわけです。

しかし、その烏合の衆が何人集まろうが、残念ながら鎮圧されるだけです。
京都での天誅は、新撰組などに鎮圧され、
天狗党の乱天誅組の変生野の変なども悲惨な運命をたどっています。
もちろん影響がゼロというわけではありませんが・・・。

結局、幕府を倒したのは、薩長及び朝廷の力でした。

さて、幕末以降の反政府運動といえば、安保闘争ですね。
彼らも自らを「闘士」と称して共産革命を目指しましたが、
自滅していきました。テロでは何も変わりません
共産主義なんて日本国民は望んでなかったんですよね。

やっぱりね。真に「戦争を避けよう」「平和な日本を作ろう」と思うなら、
官僚政治家になるべきなんですよ。
デモの声が民意なら、選挙でも当選するはずですし与党にもなれるでしょう。
デモやってる連中がしっかり勉強して、官僚や政治家になれば、
「集団的自衛権」だろうが「自衛隊」が「自衛軍」になろうが、
日本が戦争になることを止めれるんじゃないかと・・そう思うんです。

■関連記事■
歴史を学ぶという意義
 歴史の勉強の意義についての私見。
また子供の虐待死がありましたね
 何度も起こる忌まわしい子供の虐待についての私見。
体罰について
 体罰についての私見。
不倫騒動に思う。
 下世話な話ですが・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。