高杉晋作ウォーク(長府コース)①

①/

風雲児高杉晋作ウオーク第6回 長府コース」 
下関観光ガイドの会平松資朗さんの案内で長府を巡ります。

第4回(記事はこちら/)、
第5回(記事はこちら//)と参加させて頂き、
今回も参加させて頂きました。
平松さんの解説は、とてもマニアックで毎回勉強になります。

長府観光会館で集合。
今回は「笑山寺」、「功山寺」、「覚苑寺」をメインに周ります。


長府観光会館から壇具川をのぼります。
壇具川の由来は、神功皇后が三韓征伐の際、
祭事道具を流した事からこの名が付いています。


印藤聿生家跡」。
坂本龍馬の親友で、三吉慎蔵より先に仲良くなっていたそうです。
龍馬が亀山焼の茶碗と湯のみを彼に送っており、
現在は長府博物館にそれらがのこされているとのこと。


野々村勘九郎宅跡」。
長府報国隊総督で五卿の応接係も勤めました。
別の場所に門がありますが(記事はこちら)、
その門はここにあったもの。


長府藩侍屋敷長屋」。
斜め前の小串屋の待合室に、乃木希典の手紙が展示されていて、
乃木の父は政変で役を追われ、路頭の迷っているところを、
小串屋の主人が支援したそうです。
向かいの「長府製作所記念館(蛍遊苑)」は、
家老田代家があった場所で、敷地に赤穂浪士お堂があったという。
長府藩侍屋敷長屋から見える山は、仲愛天皇の御殯斂地で宮内庁管轄地。
下関には宮内庁管轄地が4つあり、ここと阿弥陀寺稜(赤間神宮)、
西市陵墓参考地、そして知らなかったのですが、
専念寺の尊観親王墓というのがあるそうです。


桂弥一旧宅」。
後で行く尊攘堂や万骨堂を建てた人物。
今はカフェになっています。


笑山寺」に到着。この変わった寺の名前の由来は、
初代長府藩主毛利秀元の父穂田元清の法名に由来します。
ここは長府毛利家の菩提寺の一つ。


2代藩主毛利光廣の五輪墓」。
大きな五輪塔です。
珍しいのは五輪塔の文字が、梵字ではなく漢字なとこだそうです。
小さい五輪塔が脇にありますが、これは殉死した家臣のもの。


7代藩主毛利師就の五輪墓」。
これは普通の大きさです。
ちなみにこれらは参拝墓で、遺骨は入ってないそうです。
笑山寺の他、功山寺、覚苑寺に毛利家の墓がありますが、
遺骨が入ってるのは覚苑寺だけだそうです。
何故なのか聞いたら、遺骨がないのは江戸で亡くなっているから。
参勤交代があったので、どっちで亡くなるかは1/2の確立。なるほど。


マッチ王「瀧川辨三の彰功碑」。
粗悪であった日本のマッチを改良し「日本のマッチ王」と呼ばれた人物。
神戸の公共事業にも尽くしており、滝川中学校も創設しています。
滝川中学校は、後に高等学校も作られ、高校野球の名門となっています。


笑山寺を出て、「功山寺」に到着。

次回に続く。
①/

■関連記事■
高杉晋作ウオーク(紅葉の東行庵、吉田コース)①
 下関観光ガイドの会・平松資朗さんの案内で吉田・東行庵を巡る。
高杉晋作ウォーク(唐戸周辺コース)①
 下関観光ガイドの会・平松資朗さんの案内で唐戸周辺を巡る。
第1回 晋作文化祭「狼煙は上海に揚る」上映会
 晋作文化祭と銘打った上映会の第1回。
第2回 晋作文化祭 無声映画[坂本龍馬」特別上映!
 晋作文化祭と銘打った上映会の第2回。
講演会 高杉晋作と下関
 平松資朗さんの講演会。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。