高杉晋作ウォーク(長府コース)②

高杉晋作ウォーク(長府コース)のつづき。
/②

功山寺入り口より。

総門の隣に「尊攘堂」と書かれた石標があるのですが、
先の大戦後、進駐軍(下関はニュージーランド軍だったようです)に遠慮して、
裏返しにしていたんだそうです。
面白い話ですよね。たぶんニュージーランド人には読めないと思います。


新しくなった「山門」をくぐります。


国宝の「仏殿」。山口県には国宝建築物が3つあり、
瑠璃光寺の五重塔以外の2つは下関にあります(もう1つは住吉神社本殿)。
国宝って世界遺産より価値があると僕はおもっています。
僕は世界遺産って昔から胡散臭いと思っていたのですが、
最近、南京事件が世界記憶遺産になったんだとか・・・。
そのニュース見た時、ほらねって思いましたね。


先ほどの石標の「尊攘堂」はこれ。
吉田松陰は京都に尊攘堂を建てて、勤王の志士を祀り、
人々の心を奮い立たせようという志を抱いていたが、
刑死により果たせず、入江九一にその志を託しました。
しかし、入江も禁門の変で戦死したため、その志は果たされなかった。
その後、品川弥二郎がこれを偶然知り、京都に尊攘堂を建造し、
勤王志士の霊を祀り、志士の殉難の史料、遺墨、遺品などを収集し、
一般参拝、収蔵品の観覧をさせます。

品川は長門国にも尊攘堂を建設をしたいと、親交のある桂弥一に相談。
桂はその考えに賛同して、尊攘堂万骨塔を建設しました。


万骨塔」。
尊攘堂と共に桂弥一が建設した慰霊塔で、
全国の霊石が集められ、尊王・佐幕関係なく奉られています。


三吉慎蔵の墓」。
坂本龍馬の命の恩人で槍の名手として知られます。
この功山寺に墓所かあるのは、14代藩主毛利元敏に信頼を受け、
死後も近くに居るようにと、功山寺に墓所を与えられたそうです。


お次は功山寺の庫裡へ。拝観料を惜しんで行った事が無いのですが、
今回は団体割引。楽しみです。


法堂」。
五卿が功山寺に来た際、もちろん従者も沢山いました。
突然の訪問に功山寺側も準備ができません。
五卿達の布団や食事はどうにか用意できて、
書院に案内しましたが、従者達は布団も食べ物も無い状態。
仏壇の供物を皆で取り合い、当時は畳ではなく板敷だったので、
男同士抱き合い眠りについたそうです。
枕がないので仏様を仏壇から出して枕にしたとか、
バチ当たりな話も残されているようです。
この法堂には山岡鉄舟の書もありました。


七卿潜居の間」。
実際は二卿が脱落して五卿がここに潜居しています。
有名な高杉挙兵のお話をしていただきました。


高杉晋作回天義挙像」。
平松さんは、数ある晋作像のなかで一番すばらしいと話されていましたが、
全く同感です!躍動感がありながら威厳がある。
晋作像だけでなく、僕が知ってる馬上像の中でも一番です。

この後、覚苑寺に向かいましたが、
覚苑寺はつい最近行ったばかりなので、割愛させていただきます(記事はこちら)。
ここではマッカーサーの乃木評など、乃木像の台座裏に書かれた碑文の話が聞けました。

覚苑寺を出て、スタート地点あたりに戻ります。

最後は「三吉慎蔵旧宅跡」。
龍馬とお龍も一時滞在しています。

今回も面白い話が沢山聞けました。
毎回参加者が多くなっているようで、今回も沢山の人数で周りました。
次も是非とも参加したいと思います。
/②

■関連記事■
高杉晋作ウオーク(紅葉の東行庵、吉田コース)①
 下関観光ガイドの会・平松資朗さんの案内で吉田・東行庵を巡る。
高杉晋作ウォーク(唐戸周辺コース)①
 下関観光ガイドの会・平松資朗さんの案内で唐戸周辺を巡る。
第1回 晋作文化祭「狼煙は上海に揚る」上映会
 晋作文化祭と銘打った上映会の第1回。
第2回 晋作文化祭 無声映画[坂本龍馬」特別上映!
 晋作文化祭と銘打った上映会の第2回。
講演会 高杉晋作と下関
 平松資朗さんの講演会。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。