第1回 晋作文化祭「狼煙は上海に揚る」上映会

第1回 晋作文化祭と銘打った上映会が、
海峡メッセ下関で開催されたので行ってみました。



幻の高杉晋作映画と呼ばれる「狼煙は上海に揚る」は、
昭和19年の大映中華電影公司による日中合作映画で、
戦時中の作品だけに戦意高揚のプロパガンダ映画。
とはいえ、稲垣浩監督、主演坂東妻三郎
共演月形龍之介梅熹李麗香と、
当時の一流どころが創った、
優れた娯楽作品として有名だったようです。

なぜ「幻」と呼ばれているかというと、
戦火でフィルムが失われたと思われていたが、
近年モスクワのフィルムセンターで発見された経緯から。
旧ソ連軍により満州で接収されていたようです。

残念ながらフィルム缶3缶のうち、
はじめの1缶が欠けており、
途中からしか見る事が出来ませんが、
晋作が上海に到着するあたりから始まるので、
十分に内容は理解できました。


上映会場(海峡メッセ下関 国際会議場)

上映の前に落語と時代背景解説がありました。
関門海峡(下関、北九州)で活躍する落語家さんの落語。
晋作の「三千世界の鴉を・・」の都都逸を取り混ぜた話は、
映画の上映の前座にふさわしいウィットに富んだお話です。

次に、時代背景解説講演として、
晋作連顧問の平松さんの解説がありました。
この方のお話は毎度「へぇ~」と感心しますが、
まあ今回は上海視察に関しての事だったので、
目新しい話は無かったのですが、
当時の様子を丁寧に説明されていました。

で、「狼煙は上海に揚る」の上演。
阪妻の晋作ら上海視察団一行が、
上海に入港するところよりフィルムは始まります。
上海の港には無数の中国船が停泊していますが、
撮影当時から80年前の上海の様子も、
さほど変わってないはずですので、
晋作がみた風景と同じような様子だった事でしょう。
祖界」で列強諸国が我が物顔振舞い、
太平天国の乱の砲音が聞こえる中、
晋作らは上海の町中に出て視察を行います。

ひょんなことから太平天国軍の武将陳翼周と知り合った晋作は、
太平天国軍がイギリスの支援の約束を得ていると聞かされるが、
晋作はイギリスは信用できないと説く。
しかし陳翼周は、同じキリスト教徒の我々を、
文明国であるイギリスが裏切る訳がないとイギリスを頼る。

太平天国軍は英国の支援を得て、アヘン撲滅に乗り出すのですが、
結局、太平天国軍は英国に裏切られ鎮圧される事になります。

太平天国軍は退却を余儀なくされるのですが、
陳翼周は上海を去る前に話がしたいと晋作を訪ねますが留守。
自分が来たことを言伝して去ります。

陳翼周の家族はイギリス軍によって家を焼かれ、
父親を殺されます。妹も連れ去れてそうになりますが、
晋作の手によって救われ保護されます。

晋作は通訳の姑娘を連れて、太平天国軍を追い陳翼周を探す。
やっとのことで陳翼周に出会うと、陳翼周は自分の過ちを認め、
欧米諸国すべてを祖国からたたき出す為に、
アジア人同士が手を握らなければならないと、
言葉の通じない晋作に告げます。
晋作は「わかる!わかる!」と頷き、陳翼周と別れます。

・・と、まあこんな話でした。
プロパガンダ映画ですので、伝えたい事は「鬼畜米英」ですが、
そこに至るまでの経緯がよく描かれていました。
英人もけして鬼畜ではなく、同情的な人物も配置しております。
本国の要請で英国軍が太平天国軍鎮圧に乗り出すあたりから、
ググッと英国の横暴がクローズアップされ、
陳翼周の妹が英国への恨みを涙ながらに語るあたりで、
視聴者に英国への反抗心をあおる演出がされていますが、
そればかりに終始しないのは、
最後に「アジア人の共闘」を訴えたことで、
実にさわやかなラストとなっています。

なかなかこういう古い映画を見る機会は無いので、
大変貴重な体験でした。
最後に来年は無声映画を上演するとの事を話されていましたが、
是非とも見たいなと思います!
活動弁士付きで上映するそうで、これもまた貴重!
是非とも来年も行きたいものです。

■関連記事■
高杉晋作ウオーク(紅葉の東行庵、吉田コース)①
 下関観光ガイドの会・平松資朗さんの案内で吉田・東行庵を巡る。
高杉晋作ウォーク(唐戸周辺コース)①
 下関観光ガイドの会・平松資朗さんの案内で唐戸周辺を巡る。
高杉晋作ウォーク(長府コース)①
 下関観光ガイドの会・平松資朗さんの案内で長府城下を巡る 。
第2回 晋作文化祭 無声映画[坂本龍馬」特別上映!
 晋作文化祭と銘打った上映会の第2回。
講演会 高杉晋作と下関
 平松資朗さんの講演会。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。