福岡県田川郡 英彦山神宮と英彦山招魂社

6回に別けて記事にしました「英彦山事件」。
英彦山事件① 英彦山事件② 英彦山事件③
英彦山事件④ 英彦山事件⑤ 英彦山事件⑥

実は「英彦山」とネットで検索すると、
英彦山の心霊事件」ばかり出てきます。
まあそれはおいといて、今回英彦山神宮に行ってきました。

英彦山は福岡県大分県の県境の山で、
古来より修験場として山伏が集まった霊山
天照大神須佐之男命の誓約により生まれた五人の男神の長男、
天忍穂耳命が降臨した地とされています。

12世紀頃より仏教と融合し、西国修験道の一大拠点として栄え、
後伏見天皇の8男の助有法親王を座主に迎えてから、
朝廷の勅願所と定められ、朝廷の信仰も厚かったようです。
明治維新後は神仏分離により英彦山神宮となりました。


銅鳥居」。
参道入口の銅鳥居は、寛永14年の佐賀藩主鍋島勝茂の寄進。
国の重要文化財です。
本来ならここから参道の階段を歩いて登りたいところなんですが、
2歳の子を連れて登るのは不可能ですので、
石段の3分の2登ったところにある駐車場まで車で向かいます。


石鳥居」。
車を無料で駐車できる別所駐車場から約500m歩くと、
参道の3分の2の位置にある石鳥居に到着します。
ここからは歩いて登れるだろうと勇んで出発!


階段の先が見えない・・・・。
こりゃ銅鳥居から歩いてたら死んでたな・・・と、
ぶつぶつ言いつつ登ります。
階段の脇には坊舎跡の石垣が並んでおり、
昔は壮大な参道だったんだろうなと感じられます。


英彦山招魂社」。
階段の終わりに近い左手に鳥居があり、
ここが今回のお目当ての英彦山招魂社です。
ですが、まずは主祭神を参るのが筋ですので、
とりあえずは鳥居を通り越して階段を登ります。


英彦山神宮奉幣殿」。
明治以前は「大講堂」と呼ばれ、修験道の中心的建造物でした。
実は銅鳥居からここまで参道脇にケーブルカーが通っています。
一緒に来たみよちゃんと嫁さんはケーブルカーで登ってきました。


奉幣殿の右手には御本社(上宮)に続く石段が・・・。
登るとどれくらい掛かりますかと聞くと、
片道1時間半との事。・・・・あきらめました。


御本社はこんな感じらしいです。

さて、石段を降り先ほどの「英彦山招魂社」に向かいます。

鳥居をくぐると英彦山義僧11名の墓石が並びます。
右から、
贈正五位水谷佐門墓水口坊観清 禁門の変で戦死)
贈正五位藤山衛門墓教観坊成連 六角獄にて斬首)
贈正五位佐竹織衛墓厳瑤坊亮親 六角獄にて斬首)
贈正五位政所有緜墓政所坊有緜 八百屋獄にて斬首)
贈正五位渋川栄承墓義俊坊順堂 八百屋獄にて斬首)
贈正五位鷹羽浄典墓正応坊観道 八百屋獄にて斬首)
贈正五位宇都宮堯珉墓本覚坊英山 八百屋獄にて斬首)
贈正五位宇都宮有允墓成円坊貫之 八百屋獄にて斬首)
贈正五位城嶋公茂墓座主家家臣 八百屋獄中で衰弱死)
贈正五位佐久間勝信墓座主家家臣 八百屋獄中で衰弱死)
贈正五位生島大炊墓座主家家臣 八百屋獄にて斬首)

英彦山がある田川には、別に田川護国神社があり、
ここの11柱も合祀されています。
この英彦山招魂社はその田川護国神社の奥宮

招魂社ですが、墓石が尖状方柱型(奥津城)ではない。
英彦山が仏門の時代に作られた墓石だったからでしょう。

そういえば奉幣殿の注意書きには、
お経を唱える際は周りの人に配慮して
という旨の注意書がありました。
いまだに仏寺として英彦山を信仰されている方もいるのでしょう。
昨日までお寺、今日から神社!なんて、
人の信仰というのは法律のように簡単にいかないのものです。

■関連記事■
英彦山事件①/////
 英彦山修験僧の殉難事件。
宮崎県日南市 五百祀神社と招魂社
 寺院が神社となった一例。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。