山口県山口市 赤祢武人顕彰之碑と鰐石の重岩

功山寺での高杉晋作によるクーデターは、
凡人からすれば一か八かの賭けだったわけで、
周囲から暴挙と言われても仕方がありません。
このクーデターは成功したから良かったのですが、
失敗すれは諸隊は解散、幹部は死罪となります。
組織のトップは、組織の存続させることが最重要であり、
一か八かの賭けで組織を潰すことはできません。

対外交渉についてもしかり。
交渉、交渉の末、落としどころを探し、
それでもダメな場合は武力に訴えるというのが常。
赤禰武人は組織のトップとして、
諸隊を存続させようと奔走したわけです。
これはトップとして至極真っ当な行動でした。

日本史においても武力決起が成功した例は数少ない。
さかのぼれば、遥か昔の戦国時代以来。
江戸時代でも武力決起は何度かありましたが、
そのすべてが失敗に終わっています。
幕末においても天狗党の乱天誅組の変
そして生野の変と失敗していますし、
なにより禁門の変倉敷浅尾騒動で、
長州藩も武力決起を失敗しています。
武力による政変など妄想であり暴挙である
これは正しい考え方でした。

とはいえ、勝敗には勝機というものがあり、
それをしっかり掴んだ者が、
栄光を手に出来るということも間違いではない。
晋作が勝機という凡人には見えないものを見ていたのは、
赤禰にとって不運でしかありませんでした。

赤禰は諸隊存続と内戦回避に奔走するのですが、
時の流れは一度動き出すと留まる事を知りません。
時流に逆らおうとすると飲み込まれるのは必定。
郷土に良かれと幕府方と接触した事が、
裏切り者の汚名を着せられる事となり、
追われる立場となってしまいます。
仕方なく故郷に潜伏してほとぼりが冷めるのを待ちますが、
藩使により捕縛されてしまいました。

弁明を許されぬまま処刑が決定。
首は鰐石に晒されることになります。

赤祢武人顕彰之碑鰐石の重岩の場所。
椹野川沿いには赤祢の顕彰碑と、
斬首された赤禰の首を晒した岩があります。


赤祢武人顕彰之碑」。
長らく汚名を着せられていた赤祢を復権させようと、
有志らが贈位運動を起こします。
帝国議会でも承認が得られたのですが、
山縣有朋三浦梧楼の大反対によって、
結局贈位は叶いませんでした。
さらに時がすぎて昭和28年10月。
赤禰の処刑地にこの顕彰碑が建てられます。


鰐石の重岩」。
顕彰碑より6~700m東の鰐石と呼ばれる場所には、
「鰐石の重岩」と呼ばれる大岩があります。
赤禰の首は鰐石に晒されたとされていますが、
岩に置かれたのか、晒し台に晒したのかはわかりません。
この岩は御神体であることから、
晒し台に晒したのではないと思いますね。

赤禰は諸隊の為、長州藩の為に行動したのでしょうが、
当時の長州人が京都で捕縛されるのは死を意味します。
しかし大目付永井尚志意見書を提出して無事に釈放され、
しかも新選組近藤勇伊東甲太郎らと同道。
寝返ったと思われても仕方がありません。
信じろという方が無理な話でした。

晋作もクーデターという離れ業をやってのける訳ですが、
赤禰も信じられない離れ業で生還したのです。
別の離れ業をやってのけた二人は、
英雄裏切者とに判れましたが、
これは歴史の悲運としか言いようがありませんね。

■関連記事■
柳井市 克己堂跡と赤禰・世良の屋敷跡
 赤禰は柱島の島医の子で、浦家家臣赤禰雅平の養子となっています。
山口県柳井市 妙円寺(月性関連史跡)
 赤禰は海防僧月性の門下。
福井県小浜市 梅田雲浜関連史跡
 赤禰は梅田雲浜にも師事しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。