三重県四日市市 四日市代官所跡

四日市代官所は、
幕府の天領三重郡25村を支配した代官所で、
江戸時代を通じ管区の司法・行政を司っていました。


東海道分間延絵図巻九」より。
四日市宿東海道の43番目の宿場として栄え、
絵図のように陣屋が置かれています。


四日市宿陣屋(四日市代官所)」跡。
四日市代官所跡は、
現在の四日市市立中部小学校の敷地。
小学校正門脇に説明板が設置されています。


四日市市立中部西小学校」。
残念ながら、陣屋の遺構は全く残されていません。
四日市は江戸時代初期よりの天領であり、
一時大和郡山藩領となりますが、再び天領となって、
後期は信楽代官所の支配を受ける出張代官所となり、
詰役人が数名派遣されています。


四日市陣屋があった事を説明する石碑。
説明板の後方の校庭に建てられています。

四日市代官所は明治維新後に廃止され、
陣屋は度会県支所、安濃津県支所、
さらに三重県庁に使われましたが、
明治九年に起こった伊勢暴動の際に、
一揆勢の放火によって焼失してしまいました。

■関連記事■
大分県宇佐市 四日市陣屋跡
 同名の天領代官所ですが、こちらは西国筋郡代の支配。
三重県三重郡菰野町 菰野陣屋跡
 近隣の菰野藩土方家の陣屋跡。
三重県桑名市 桑名城跡
 桑名城下は東海道42番目の宿場町でもありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。