福岡県宮若市 犬鳴御別館跡

海岸線に所領がある諸藩の多くが、海側に築城していますが、
これはとても理に適っていました。
海運という非常に迅速な交通・運搬の行える交通手段が使え、
内陸の領地から米や物産をを使って、
下流の城に運びこむ事も出来ます。
流通が便利だということは財政を大きく左右しますので、
必然的に海側に城が集まってくることになる。

また防備の面においても海に面していると非常に有利で、
海が天然の巨大な堀の役目を果たしますので、
海側に兵を裂かなくても良いという利点もあります。

福岡城もそういった城のひとつで、
筑前入府の際に名島城から(こちらも海側の城でしたが・・)、
交通に便利で城下の発展に伸び代のあった福崎に城を移し、
黒田家ゆかりの地名であった「福岡」に名称を変更。
那珂川を挟んだ町人の町である博多との二極都市となって、
47万3000石の福岡藩の城下町として発展し、
現在も九州一の都市となっているわけです。

時は過ぎて幕末。
黒船砲艦外交によって開国を迫られた幕府でしたが、
その海からの脅威は海岸線に藩庁を持つ諸藩も同じ。
戦国時代には鉄壁の防御を誇った海側が、
軍艦の大砲によって城の弱点へと変わります。
長州藩から内陸の山口へ藩庁を移していますし、
支藩の長府藩下関戦争に伴い勝山に要塞を建設しました。

福岡城も海からの砲撃に対する脅威は同じで、
有事の際に藩主を非難させる城を内陸に作るべきであると、
藩内の攘夷派家老加藤司書が発案し、
犬鳴御別館の建設が開始されます。


犬鳴ダム」。
平成6年に完成した県営ダム。
犬鳴川遠賀川の治水と、宮若市の利水に利用されています。
ダム建設前は、渓谷に沿って犬鳴谷村が存在していましたが、
建設決定に伴って村民は、周辺の脇田区に集団移転しました。
この犬鳴谷村は、かつて福岡藩御譜代組足軽が形成した集落で、
藩有林の維持管理を目的に移住し、その使命と功績を評価され、
士分扱いの上級足軽として苗字帯刀が許されていたそうです。


司書の湖」。
ダムによって出来た人口湖は、
公募によって「司書の湖」を名付けられましたが、
もちろんこれは福岡藩家老加藤司書にちなんだもの。


ダムを歩くだけでも子供達には楽しいようで、
みよちゃんゆきちゃんも大はしゃぎ。
最近は二人で手を繋いで歩く事が多く、
みよちゃんもお姉ちゃんとして弟を引っ張っています。

司書の湖に沿って上流を進み、犬鳴御別館を目指す。
残念ながら訪問時は天気が悪く、小雨模様でした。


ダムの端より600mくらい登ると、
車止めがありここからは歩き。
どうもゴミの不法投棄が多かったようで、
仕方なく車の通行を禁止した模様。
粗大ゴミの不法投棄とか最悪ですよね。
しかも史跡に捨てるなんて・・。


ここから徒歩で200m登ります。

犬鳴御別館跡」。
堀跡に架かった橋から奥側が城域でしょうか?
広場となっており桜も植えられています。


広場からの犬鳴御別館全景。


大手門」。
二層楼門か単層八脚門が建てられていた大手門。
そこまで大きいものではなく、
ちょっとしたお屋敷程度でしょうか。
47万石の国主大名の別邸としては、
少し小さい気もしますね。


加藤司書忠魂碑」。
大手門を登ったところに建てられています。
加藤司書は福岡藩中老加藤家11代当主で、
義兄で10代当主の加藤徳蔵が、
実家である三奈木黒田家を継いだ為、
急遽11代当主となって福岡藩中老となった人物。
嘉永6年にロシアのプチャーチンが長崎に来航した際、
当時長崎警備を担当していた福岡藩は対応に追われ、
加藤を派遣して対応に当たらせました。
この功績が評価されて藩の執政に就任。
藩内尊皇攘夷派の中心人物となっています。
ロシアによる砲艦外交の経験のある加藤は、
自藩の福岡城が海防に不向きであることを懸念し、
有事の際に藩主が非難する別館の建設を藩主黒田長溥に進言。
許しを得て犬鳴御別館の建設を開始しました。
加藤は長州征伐に際し、尊攘派として長州周旋にあたり、
三条実美ら五卿の大宰府移遷にも貢献しています。


搦手門」。
別館内部は木々に覆われており、
点在する石垣以外は何もない。
広場からの全景が全てと言ってもよいでしょう。
搦手門は大手門と違い石垣の崩れが多いようで、
なんとなく門があったんだろうな程度に残っています。

加藤の尊攘運動は、大勢を考慮した緩やかなものでしたが、
月形洗蔵中村円太平野国臣ら藩士らは、
全藩勤皇を目指して過激な行動を繰り広げます。
これらの過激な尊攘派藩士らに対して、
はじめ藩主黒田長溥は意にそぐわないまでも、
それほど厳しくあたることはありませんでしたが、
長州再征討に際し福岡藩は幕府に態度を示す必要が生じました。
そして、藩内佐幕派によって加藤の進める御別館建設が、
藩主を別邸に隔離し、実権を掌握する為のものと非難され、
長溥はこれを聞いて激怒します。
同時期に中村円太の脱獄事件が発生した為、
長溥は筑前勤王党の弾圧を開始。乙丑の獄が発生しました。
福岡藩の勤皇派藩士ら140名以上が捕縛され、
月形洗蔵らは斬首。野村望東尼は流刑となり、
加藤も切腹を言い渡されました。

この弾圧により福岡藩の勤皇派は全滅。
維新の波に乗り遅れる事となりました。
後に形勢が逆転した際には佐幕派の家老らも切腹させられ、
福岡藩の人材は皆無となってしまい、
戊辰戦争に出兵した福岡藩兵は新政府に疎まれ、
諸藩に笑われるといった有様だったとか。
加藤や月形が生存していたならば、
そんなことにはならなかったかもしれませんね。

■関連記事■
福岡県福岡市 福岡城跡
 福岡藩黒田家の居城跡。
福岡県福岡市 崇福寺(福岡藩主黒田家墓所)
 奈良県五條市に「明治維新発祥地」碑が建てられています。
福岡県宗像市 五卿西遷之遺跡
 五卿の大宰府移転の際、 赤間宿で加藤司書が出迎えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。