榊屋仁作①

①/

江戸時代に庶民の犯罪を取り締まるのは、
その領地の領主です。
銭形平次大岡越前などのドラマは、
幕府直轄の江戸での話。
町奉行がいて、与力同心目明し(岡っ引)がいる。

基本的には諸藩も似たような機構でしたが、
しっかり町奉行を配置してるところもあれば、
代官が犯罪の取締りを兼任している場合もありました。
中級クラス武士が町奉行や代官などとして任命され、
与力や同心などの足軽身分の者がその職務にあたりますが、
生活環境が大きく違い上手く取締まることが出来ず、
庶民を雇って取り締まるようになります。
これが目明しで、任命されるのは一般の庶民ではなく、
どちらかというとヤクザな人達が多く、
威光を笠に着て威張る者や、
恐喝まがいの行為を行う者もいたという。

それには仕方ない理由もありました。
犯罪者を取締まるには裏世界に詳しい人間でないと勤まらないし、
探索密告も行うので嫌われ者にもなる。
危険な事もあって善良な庶民がなれるような役ではないし、
専業として代々するような仕事でもないので、
必然的に渡世人や社会の落伍者がその任にあたるようになります。

たとえば遊女屋などの親方もこれに任命されるわけで、
売春業をしながら取締まりを行うという奇妙な事になる。
これが兼業という意味の「二足のわらじ」の語源ともいう。

清末藩盗賊方の目明しに榊屋仁作という人物がいます。
遊女屋坂輪楼の亭主で家業は女房や手下に任せて、
清末藩から十手を預かって目明しとなり、
町衆から蛇のように忌み嫌われる不浄役人でした。

榊屋仁作が小倉屋白石正一郎の許にやってきたのは、
安政5年の12月8日。
京都の目明し中座甚助を連れて来ています。
清水寺月照上人を追って来たが見失ってしまい、
諸国の浪人が小倉屋に出入りしているとのことで、
上人の行方を聞きに来たという。
白石は自分の不在中に薩摩の侍衆と来られたが、
行くところがあると黒崎船で渡航したと伝えると、
今度来訪したらお知らせ下さいと去っていきました。

翌日も中座は他の目明しと共に小倉屋にやって来たので、
白石は奮発してご馳走して何事もなく帰らせます。

小倉屋には福岡藩を脱藩した平野国臣も度々止宿していますが、
筑前では平野を探索しているとのことなので、
白石は親戚宅などに匿おうと色々手を打ちますが、
なかなか良い潜伏先が見つからない。
そんな中、仁作が筑前から来た盗賊方浅井大蔵を連れてきて、
平野の事を根堀り葉堀り聞いてきた。
翌日も仁作は筑前の目明し綱屋勘左兵衛を連れてきて、
平野の事を聞いてきたので、白石は知らぬ存ぜぬを通します。

白石が長州藩の新地会所の代官乃美織江と一酌傾けていると、
仁作がやってきて、乃美の手前もあってか真面目な顔で、
薩摩の田中直之丞の人相書が届いたから取りに来ました。
そこにおられる白石殿は良くご存知の者の筈
」と言う。
白石は何食わぬ顔で、その様な人物は存じ上げぬと言い、
口上書を見せてもらい、それを複写します。
翌日も小倉屋に仁作と筑前の綱屋がやってきて、
平野と昵懇と聞いたと言い執拗に尋問してきましたが、
白石は体よく申し開きをして追い返しました。

その後、筑前の目明しは平野の愛人を寄越すなど、
色々と白石に目星をつけて平野の捜索に奔走しますが、
平野は捕まらない。
仁作も筑前の捕方を連れて何度も小倉屋にやってきた。

万延元年12月27日。
仁作がやってきて、平野が捕らえられたと報告に来た。

その後、白石は京都へ旅行に行き(記事はこちら)、
その際に弟の廉作から手紙が来ます。
不在中に横柄な態度で白石を訪ねてきたという。
大旦那は不在?ナニ京?何の用かは存ぜぬが、
 物見遊山とはさぞ裕福な事じゃ。
 お尋ね者の平野は片付いて安心というものだが、
 あれには我らも一方ならぬ苦労をしたものだ。
 あんたに言っても仕方ないが、

 我らを塵屑のように追い払っておいて、
 のうのうと遊山に行くとは良いご身分な事だ
」。
と仁作がのたまうので、廉作も怒ったが、
在番や筑前方、公儀に悪いようにせず、
 白石家から盗賊匿いの咎人として、
 おぬしら兄弟に縄目の恥を掻かさぬように、
 心を配ってお上には首尾よくしてやったのに、
 それにも懲りずに高慢な態度、

 少々我慢もできかねるでござんす」。
と煙管で火鉢をたたきながら煙たそうに言います。

これには廉作も逆上し、脇差を抜いて斬り付けようとしますが、
およしなさい。分別無いのは苦労が足らぬ証拠。
 身の程知らぬではあきれてしまいまさぁ
」。
と煙管を投げ出した。
寸でのところで家人に止められ、廉作は我を取り戻します。
仁作はそれでそのまま帰り、
以降は小倉屋に来ることはありませんでした。

それから時が過ぎ、時代は攘夷熱が紛糾。
京では天誅騒ぎが起こって目明しが殺害されるようになる。
遥か京都での話しですが、攘夷に湧く下関。
仁作も首をさすって警戒するようになります。

文久3年5月16日。
目明し榊屋仁作から使いが来ます。

つづく。
①/

■関連記事■
中山忠光①/////
 ハチャメチャ公卿中山忠光の前半生。
奇兵隊士 竹中安太郎
  町人出身で少将にまで登り詰めた竹中安太郎。
山城屋和助
 崇高なる志ある者ばかりではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。