北海道松前郡 松前城②

つづき。
/②

資料館を出て南側へ。

二重太鼓櫓跡」。
海を望むこの場所に二重太鼓櫓がありました。
太鼓櫓という名称どおり太鼓が置かれていたようで、
城下に時を知らせていたようです。


東郭隅櫓跡」。
名称のわりに、隅にはありません。


内堀」。
内堀は東側にしかありません。
当時はこの堀の上に橋が掛けられて、
本丸の表御殿に入れるようになっていました。


本丸跡」。
内堀を北に周ると本丸跡です。
ここに藩庁である表御殿などの建物が建てられており、
松前城以前の陣屋「福山館」も、この場所にありました。


闇の夜の井戸」。
ホラー漫画のタイトルのような名称が付けられた井戸。
6代藩主松前矩広の乱行を諌めた丸山久治郎兵衛は、
他の家臣に謀られて井戸へ下りる事となり、
上から大石を投げ入れられて殺されます。
その後、家中で不幸な事が起こったため、
井戸を埋めようとしますが、
いくら土砂を入れても埋まらなかったという。
本来の井戸は本丸御門の前にあったとされますが、
現在は井側のみが本丸跡の脇に移されています。


耳塚」。
闇の夜の井戸の隣には、シャクシャインとの戦いの際、
処刑したアイヌ首謀者の首の代わりに、
耳をそぎ落として持って帰ったものをここに埋めたという。
アイヌの首長シャクシャインは、松前藩との交易不満から、
周辺の集落に呼びかけて一斉蜂起し、
松前藩の役所や交易商船などを襲います。
これに松前藩が応戦し、幕府への援軍要請によって、
弘前藩盛岡藩久保田藩が応援に駆けつけ、
アイヌ軍と戦いますが長期戦となった為、
松前藩は和睦を申し入れ、シャクシャインはそれに応じました。
シャクシャインは松前陣営に出向きますが、
酒宴の席で謀殺され、指導者を失ったアイヌ軍は衰退。
以後、松前藩のアイヌ支配が強まる結果となりました。


松前神社」。
松前家の祖である武田信弘を祀る神社。
本丸跡の北側にあります。


縁結びの木」。
二股に分かれて伸びた幹の途中で双方繋がっている木。
抱き合っている、手をつないでいるように見えることから、
縁結びの木と呼ばれています。
夫婦岩なんかもですが、こういうのは嫌いではありません。
まあ僕は既に縁結びのご利益は必要ないんですけどね。


贈従五位田崎君碑」。
松前神社境内にある松前藩士田崎東の顕彰碑。
田崎は松前藩勤皇派である正義隊の一員で、
日和見政策する藩に対して、
クーデターを起こして新政府に恭順させました。
これによって旧幕府軍と敵対する事となり、
松前城及び館城は旧幕府軍の攻撃によって落城。
松前藩兵は弘前まで撤退します。
翌年に新政府軍が蝦夷共和国への攻撃を開始すると、
松前藩の先鋒部隊副隊長として従軍し、
矢不来の戦いで戦死しました。


幕末の松前藩は、北方警備の役割を担い、
松前城の築城を許されました。
日米和親条約によって箱館が開港されると、
蝦夷の幕府直轄化によって渡島半島南西部のみが領地とされ、
代わりに陸奥国梁川など3万石が与えられますが、
なれない飛地経営や貿易の削減によって財政は困窮します。
12代藩主松前崇広は老中となり、第二次長州征伐の際には、
陸軍兼海軍総裁にも任じられました。
しかし、同じく老中の阿部正外と共に神戸開港を決定した為、
朝廷は2人に対して官位剥奪、謹慎を命ずる勅命を下し、
幕府はやむなく2人罷免し、崇広は松前に帰国します。

崇広は帰国後に熱病で死去し、代わって松前徳広が藩主に就任。
徳広は病弱であったために藩政に関与できず、
筆頭家老松前勘解由らによって藩政は掌握されます。
この松前勘解由は、嘉永7年に箱館にペリーが来航した際、
松前藩の主席応接使を務めた人物で、
ペリーの要求に対してのらりくらりの対応で切り抜け、
松前勘解由のこんにゃく問答」と有名になっていました。

新政府や列藩同盟双方に対した日和見政策が非難され、
正義隊によるクーデターが勃発し、勘解由は失脚。
一時は正義隊を武力で鎮圧しようとしますが思い留まり謹慎し、
失意のうちに切腹しています。

政権を掌握した正義隊は、旧幕府軍からの攻撃を警戒し、
海沿いの松前城から内陸の館城に政庁を移します。
旧幕府軍は箱館の五稜郭を占領した後、
土方歳三を総督とした700名で松前城を攻撃。
すでに藩庁を館城へ移して寡兵のみの松前城は、
抵抗むなしく数時間で落城しました。
陥落後の松前は蝦夷共和国に支配され、
松前奉行所が置かれ人見勝太郎が松前奉行に就任。

松前城を落とされた松前藩は、
館城や江差を拠点に態勢を立て直そうとしますが、
これに松岡四郎次郎率いる一聯隊200名が館城を攻撃。
法華寺の僧であった三上超順の奮戦もありましたが、
館城は落城し松前兵は敗走し、
藩主以下藩兵は弘前に落ち延びました。
翌年の新政府軍の攻撃では、
松前藩は新政府軍の一員として従軍。
松前城を取り戻しています。

戦後、正義隊は旧幕府軍に味方した者を処罰。
処罰された者は90余名にものぼりました。
財政も逼迫した為に借財が増え、
藩札の大量発行も行われています。
この状況に正義隊に対する批判が起こり、
正義隊と反対派が対立。藩政は不安定な状況でした。
廃藩置県によって館県となりますが、
すぐに弘前県に合併されて消滅しています。

【松前藩】
藩庁:松前城(後に館城へ移転)
藩主家:松前家
分類:1万石格、外様大名

/②

■関連記事■
北海道松前郡 松前藩主松前家墓所
 松前藩松前家の歴代墓所。
北海道松前郡 法華寺
 土方歳三率いる旧幕府軍は、法華寺より砲撃を行っています。
北海道松前郡 松前護國神社
 旧幕府軍との戦闘で戦死した松前藩兵を祀る招魂社。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。