北海道松前郡 法華寺

松前護國神社を訪問後、松前観光協会の方と法華寺へ。
法華寺は松前城攻防戦土方歳三旧幕府軍が陣を張り、
墓地の墓石を退かせて砲台を設置し、
松前城へ砲撃した場所。
また、旧幕府軍の墓などもあります。


法華寺 山門」。
山門は松前城の搦手門が移築されたものでしたが、
昭和24年のキティ台風で倒壊してしまったようで、
現在の山門は松前奉行所表門であったもの。
すでにこの門も倒壊寸前って感じですが、
何年も前からこの状態のようです。

この山門をくぐると立派な本堂がありますが、
攻防戦当時の本堂は新政府軍の攻撃によって焼失しています。
本堂の写真も撮ったのですが、不注意で消してしまいました。


大庭久輔 関清輔合葬墓」と「赤羽音吉の墓碑」。
大庭久輔赤羽音吉は元会津藩士で、
関清輔は元水戸藩士です。
3人共新撰組隊士であったのではないかとされますが、
資料がマチマチで確実性はありません。


旧幕府軍 砲台設置箇所」。
土方率いる旧幕府軍は、墓地に砲台を設置。
並んでいた墓石を無造作に退かせていた様で、
戦後に法華寺の住職が墓石を並べ直したようです。


徳川陸軍隊 士官隊の墓」。
本堂裏手の墓地にある墓碑。
前面・側面に7名の戒名が刻まれています。
戒名なので俗名はわかりませんでした。


旧幕府軍 合葬塚」。
松前城を攻略した旧幕府軍でしたが、
新政府軍による攻撃で松前から退却しています。
その時の戦闘で戦死した旧幕府軍兵は、
埋葬されぬまま放置されていましたが、
法華寺住職によってここに合葬されました。
ここに葬られていた事は、昭和54年にわかったようで、
研究者や郷土史家などが探していたのですが、
実は法華寺では毎年欠かさず法要を営んでいたのだという。
灯台下暗しってこの事でしょうね。

墓の有る無しは、旧幕府軍の占領中の死者か、
退却後の戦死者かの違いとの事。
環境協会の人曰く、
慰霊碑を建てる為の寄付金を募っているという。
http://file.asobube.com/feature/203.pdf
慰霊150年祭は終わっていますが、
寄付金はまだ受け付けているようです。

■関連記事■
北海道松前郡 松前城①/
 松前藩松前家の居城跡。旧幕府軍の攻撃により落城。
北海道松前郡 松前護國神社
 旧幕府軍との戦闘で戦死した松前藩兵を祀る招魂社。
北海道松前郡 松前藩主松前家墓所
 松前藩松前家の歴代墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。