大阪府泉南郡 吉見陣屋跡

吉見藩琵琶湖南岸の陣屋を構えた三上藩遠藤家が、
明治3年に飛地の吉見に藩庁を移して立藩した藩。

春日神社境内に陣屋を置いていましたが、
翌年には廃藩置県で藩が消滅した為に、
建物は取り壊されて藩士らも三上に戻ったようで、
遺構は残っていないようです。


春日神社」。
奈良時代吉見小佐治という人物が移り住み、
この地を開発して村を作った際、
春日大明神を勧請して創建したとされます。


春日神社拝殿」。
軽く参拝を済ませ、掃除をされている方に、
何か遺構のようなものはないかと訪ねましたが、
全く残っていないとのこと。


境内の様子
藩庁を移したということですが、
その以前から出張陣屋があったようで、
藩士を派遣して和泉国の飛地の行政や、
租税の徴収を行っていました。
その出張陣屋を正式な藩庁としたようですが、
この藩庁移転の理由はわかりません。
時代的に海に面した場所の方が経済的にも有利ですので、
そういうような理由だったのではないでしょうか?

【吉見藩】
藩庁:吉見陣屋(江戸期の藩庁は三上陣屋)
藩主家:遠藤家
分類:1万2000石、旧譜代大名

■関連記事■
滋賀県野洲市 三上陣屋跡
 吉見に移る以前の藩庁跡。吉見陣屋と同じく遺構は皆無。
大阪府岸和田市 岸和田城
 近隣の岸和田藩岡部家の居城跡。
大阪府松原市 丹南陣屋跡
 近隣の丹南藩高木家の陣屋跡。
大阪府和泉市 伯太陣屋跡
 近隣の伯太藩渡辺家の陣屋跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。