島根県鹿足郡津和野町 福羽美静先生誕生之地

岡熊臣旧宅にほど近い民家の庭先に、
明治天皇侍講を勤めた福羽美静の誕生地あります。


正二位勲一等子爵福羽美静先生誕生之地」碑。
民家の庭先なので詳しい地図は載せませんが、
googleMAPでも検索できます。
農作業をされている方に場所を伺うと、
あそこだよと親切に教えていただきました。

福羽美質が代官として赴任した山下村で生まれ、
幼少時に軽業師の真似をして転落した事故の影響で、
体が不自由となり学問に傾向するようになったという。
藩校養老館国学を学び、京都で大国隆正門下となり、
津和野に帰って養老館の国学教授を勤めます。

その後、藩命で京都での周旋活動に従事し、
七卿落ちの際に同行して津和野に戻りました。
第二次長州征伐では、藩論を長州支持で纏め、
津和野藩領内へ長州藩兵の通過をさせています。

維新後、明治天皇大阪行幸の際に、
古事記を進講する機会を得て、
侍講に任じられ明治天皇に学問の指導を行いました。
以降も宮内省文部省の御用掛を歴任し、
帝国議会の発足後は、
貴族院議員に選出されています。

福羽は神仏分離政策にも携わった事から、
佛敵のレッテルを貼られることもありますが、
神仏分離令は仏教弾圧ではありませんので、
佛敵は少し酷すぎるような気がしますね。

■関連記事■
島根県鹿足郡津和野町 殿町通り
 藩校養老館や武家屋敷が並ぶ山陰の小京都。
下関市吉田 法専寺(首斬り六地蔵)
 歪んだ廃仏毀釈の思想より首を斬られたお地蔵様。
愛知県西尾市 台嶺殉教之地
 明治政府の宗教改革による騒動で殉教した僧。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。