奈良県御所市 中村家住宅(代官屋敷)

名柄名柄街道水越街道が交わる地で、
また葛城山金剛山へ登る修験者も訪れ、
宿場町として栄えました。

天領の名柄には代官が置かれましたが、
この職には吐田越前守の末裔中村正勝が任命され、
以後は代々中村家が名柄村代官を務めています。

中村邸(名柄代官屋敷)」。
正確な築年数はわかっていませんが、
慶長年間に建てられた屋敷とのこと。
この年代の代官屋敷という建物が残っている事は、
非常に珍しいようです。

このような村単位の天領代官屋敷ですので、
幕末の動乱云々といった事柄は全く無いのですが、
一応、幕府より任命された代官の屋敷ですので、
今回訪問してみました。
名柄には古い建物が多く、良い雰囲気ではあったのですが、
天気も良くなく、時間もあまりなかったので、
代官屋敷のみの写真を撮って早々に撤収致しました。

■関連記事■
奈良県五條市 五條代官所跡
 大和国南部天領を支配した代官所跡。
奈良県奈良市 奈良奉行所跡
 奈良天領支配及び大寺院の監視を行った奉行所跡。
三重県四日市市 四日市代官所跡
 天領三重郡25村を支配した代官所跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。