神奈川県横浜市 神奈川奉行所跡

安政5年。
日米修好通商条約が日本とアメリカの間で締結され、
同年、英・仏・露・蘭とも同じく条約が締結されました。
そして安政6年6月2日に横浜港が開港。
それに伴って神奈川奉行が新設され、
神奈川奉行所が設置されます。

外国奉行であった酒井忠行水野忠徳村垣範正
堀利煕加藤則著の5名が神奈川奉行を兼務し、
5名は輪番で神奈川奉行の職務を行いました。

職務としては他の奉行所と同じく管轄地域の行政でしたが、
違うのは開港地として関税外務も取り扱っていた事。
職務が多忙であった為に翌年には専任となり、
2名の奉行が任命されています。

開港地として攘夷派からの襲撃治安維持に備え、
また英横浜駐屯軍への防衛を目的として軍事力を整備。
取締役窪田鎮章指揮の下、幕臣による「定番」の他、
徴募により「下番」を組織して洋式兵制で訓練させています。


神奈川県立青少年センター」。
神奈川奉行所のあった場所は、
現在の神奈川県立青少年センター敷地内。
小高い丘となっており、
横浜の港が見渡せたのではないかと思われます。
ここに奉行役所が建てられており、
他にも青木町会所が設置され、
波止場近傍には運上所が置かれていました。
神奈川奉行所は維新後に閉鎖され、
代わりに横浜裁判所が置かれています。


金星太陽面経過観測記念碑」。
敷地内に建てられている碑。
神奈川奉行所のあった野毛山で、
明治7年に行われた天体観測を記念したもの。
太陽と地球と金星が一直線に並ぶ現象を観測するのに、
日本が最適な地点だということで、
各国の観測チームが来日し、
この横浜にはメキシコの観測隊が観測場を設置して、
金星太陽面経過観測を行ったようです。
明治7年の話なので一応ご紹介。


史跡 神奈川奉行所跡」碑。
敷地内に建れられている跡碑。
神奈川奉行所が関わった事件としては、
鎌倉事件という外国人殺害事件があります。
元治元年。
英陸軍士官ボールドゥィン少佐とバード中尉が、
休暇を使って馬で江ノ島鎌倉を巡遊。
鎌倉の大仏を見物して金沢方向に行く途中、
路上で2人の武士に襲撃されました。
ボールドゥィン少佐は深傷を受けて即死。
バード中尉も治療されますが、
その日の夜に死亡してしまいます。

この一件に駐日公使オールコックは激怒。
まもなく一時帰国する自分の出発までに、
犯人の逮捕と処罰を求めます。
幕府は出発までに事件を解決することを書面で確約し、
神奈川奉行所が下手人を追うことになりました。

奉行所は目撃者や地元住民からの事情聴取を行い、
下手人は二人組の若い武士であることが判明し、
襲撃後は速やかに江戸方面に逃げたことが判りました。
・・がそれ以上の情報は得られず、
幕府は英国から再三の督促を受けています。

その後、神奈川奉行所が召し捕った2人の強盗が、
彼らの首領清水清次が下手人であると自供し、
清水は捕らえられて獄門となりました。
清水の自供によりもう一人の下手人は、
道中知り合った高橋藤次郎とされますが、
全く手掛かりがなく清水のでっち上げと結論。
清水の友人などが捕らえられますが、
決定的な証拠に至りません。
それでも捜査は続けられますが、
事件は暗礁に乗り上げてしまいます。
その後、間宮一という男が下手人として捕まり、
自供によって事件は解決へと向かい、間宮も処刑。
しかし間宮は井田晋之介という男と共謀したと自供し、
先に処刑された清水の冤罪も疑われましたが、
罪状書には井田は清水の変名ということになりました。
かくして鎌倉事件が、
外国人殺傷事件初の逮捕事例となっています。
※とりあえず下手人をでっち上げた感が・・
 冤罪がとても怪しい事件ですね。


慶応2年に神奈川奉行所は、定番・下番の軍政を廃止。
奉行所への出仕は文官のみが行う事となり、
定番は別手組に再編され、
下番は歩兵組に配属されています。
不足する警備力には八王子千人同心が出張しましたが、
その後、再び徴募が行われ、
足軽のみによる横浜警備が行われました。

■関連記事■
神奈川県横浜市 諸外国の領事館跡
 横浜に点在した諸外国の領事館跡。
東京都千代田区 北町奉行所跡
 南北2ヶ所設置された町奉行所のひとつ北町奉行所跡。
東京都千代田区 南町奉行所跡
 南北2ヶ所設置された町奉行所のひとつ南町奉行所跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。