福島県伊達市 下手渡陣屋跡

柳河藩初代藩主立花宗茂の実弟立花直次は、
関ケ原の戦いで西軍でだった為、
兄の宗茂と共に改易されますが、
後に2代将軍徳川秀忠に召し抱えられ、
常陸国筑波郡柿岡5000石の旗本となりました。

直次の次代立花種次の代に5千石加増のうえ、
父の旧領のであった筑後国三池郡に転封となり、
三池藩を立藩しています。

6代藩主立花種周は幕政に参加し、奏者番寺社奉行
若年寄を歴任して、寛政の改革にも参加しています。
しかし大奥の改革をめぐって幕閣内で対立して失脚。
強制的に隠居させられました。

跡を継いだ7代藩主立花種善は、父の在任中の罪を問われ、
下手渡に転封させられ下手渡藩が立藩。
次代藩主立花種温は、幕政に参加して老中格に昇進。
所領の半分を三池郡に戻しています。


下手渡藩陣屋跡」。
下手渡藩の領地は、下手渡の他、
御代田小島小神羽田西飯野
石田牛坂飯田山野川の十ヶ村1万石で、
安政元年に石田、牛坂、飯田、山野川の四ヶ村を、
旧領の三池と換地して、下手渡と三池に5千石すつ、
半々の領地を持つようになりますが、
藩庁はそのまま下手渡に置いています。


懐古碑」。
立花家の系譜、
藩祖の父高橋紹運が玉砕した宝満城の戦い
三池藩立藩と下手渡への移封、
天保の飢饉への対策、
立花家の気風などか記されています。


御前井戸」。
陣屋跡碑より100m東のところにある井戸。
陣屋内の井戸だったようで、
御前と名付けられているから、
藩主家専用の井戸だったのでしょうか?

下手渡(三池)立花家は、
旗本から大名になった経緯からか、
外様大名ながら幕政にも参与しました。
この幕政参与が下手渡転封のきっかけとなったのですが、
下手渡に転封後も、2代種温や3代立花種恭は幕政に参加。
種恭は既に幕府が崩壊した後の慶応4年1月10日に、
会計総裁に就任しています。

三池と下手渡で半々の領地を持っていただけに、
藩士も二手に分かれており、
※江戸在勤も併せると三手。
三池陣屋は勤皇、下手渡陣屋は佐幕に分かれ、
種恭は三池側の建白を受けて新政府への恭順を決め、
下手渡側の家老屋山外記奥羽越列藩同盟に調印しますが、
藩主の意思が恭順でしたので、下手渡側も恭順しました。
これに仙台藩は激怒。仙台藩兵が下手渡領内に進攻し、
下手渡陣屋の藩士らが応戦しますが多勢に無勢、
陣屋及び城下を焼かれてしまいます。
その後、宗家の柳河藩が応援に駆け付け、
仙台藩を追い払いますが、陣屋を失った為、
新政府の許可を得て、三池の陣屋に藩庁を移しました。

【下手渡藩】
藩庁:下手渡藩(後に三池陣屋へ移転)
藩主家:三池立花家
分類:1万石格、外様大名

■関連記事■
福岡県大牟田市 三池陣屋跡
 下手戸陣屋を失った後、三池陣屋に藩庁を移しています。
福岡県柳川市 柳川城跡
 宗家の柳河藩立花家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。