古川薫」タグアーカイブ

「雪に舞う剣」古川薫

下関から松本への道中に読んだ本。
久々の古川薫作品で、幕末短編集です。


雪に舞う剣」。

春雪の門
憎まれ役を買って出た藩勘定方の自刃を、
3人の娘が守るお話。幕末より少し前のお話で、
女の強さと若者の愚かさが感じられる作品です。

玉かんざし
島田虎之助を主人公とした珍しい作品です。
幕末の三大剣士として知られる島田虎之助の最期。
「君子の剣」を説き、清廉潔白であれとする島田の罪悪感が、
島田の命を縮める。
ちなみに勝海舟も島田虎之助の弟子。

夜叉と名君続きを読む

「暗殺の森」古川薫

中山忠光の死に疑問を持った新聞記者が、
暗殺に長府藩が関与したと考え、
毛利家を強請ろうとその謎を調べ始める。
史実を基に架空の登場人物が、暗殺事件の真相に挑むサスペンス

事件を調べる主人公の新聞記者は悪徳新聞を発行して、
政治家や有力者から金を巻き上げるヤクザな記者。
彼は架空の登場人物なのですが、
事件を調べているうちに出会った郷土史研究家の吉村藤舟続きを読む

「花冠の志士」古川薫

久坂玄瑞は今年の大河で注目されていますね。
とはいえ、久坂を主人公とした小説はあまりありません。
この「花冠の志士」は、その数少ない久坂を主人公にした小説。

久坂は吉田松陰高杉晋作を題材とした作品に登場しますが、
イメージは優等生といった感じでしょうか?
はたまた攘夷思想の過激な行動で、京都の尊攘派の主魁として、
書かれることも多いですね。
この作品の久坂は、等身大の20代前半の若者として書かれています。

松下村塾の入門では「花燃ゆ」で観ていた松陰との手紙のやりとりが・・。
あの脚本はこの小説のイメージだったんですね。
では、村塾で久坂と晋作が試合(剣術の)するシーンがあるんですが、… 続きを読む

「十三人の修羅」古川薫


古川薫にハマっております。
文脈が自分に合ってるのかスラスラ読めてしまいます。
何より長州モノばかり書いているので、非常にそそられます。
しかもなかなか渋い題材のものが多いのがとてもいいですね。

今回読んだのは、「十三人の修羅」。
この作品は英国公使館焼き討ち事件に参加した志士が、
紆余曲折の末、仏師になるというお話。

この小説の主人公は、実在の人物ではない(と思う・・)のですが、
ホントにいるのかと思ってしまいました。

前半は高杉晋作ら長州の尊攘志士と共に、
異人の暗殺や公使館の焼き討ちなどを計画し、
桂小五郎の認められその下で働き、
禁門の変、下関戦争、功山寺挙兵を経て、… 続きを読む

「獅子の廊下」古川薫

椋梨藤太は、長州幕末史において最大の悪役です。
今年の大河ドラマ「花燃ゆ」においても例外ではないでしょう。
彼の他の小説での書かれ方は俗物そのものです。
しかし果たして本当にそうだったのでしょうか?
この椋梨は、遠近附士という長州藩では低い位の出で、
実直勤勉に役人仕事を続け、長年の実績を買われて、
派閥の人脈に引き込まれた人物でした。

江戸後期、財政の立て直しの為に改革が必要不可欠であった長州藩は、
村田清風を起用します。しかし、その強引な手法が反発を生み改革は頓挫。
村田は失脚し、少し柔軟な改革を推進する坪井九右衛門が実権を握ります。… 続きを読む