品川弥二郎」タグアーカイブ

東京都千代田区 靖国神社

田安門を出て靖国神社へ。

靖国神社はかつて戦場へ赴いた兵士達や、
戦死した兵士の家族の心のよりどころであり、
また左翼の攻撃対象でもあるこの特殊な神社には、
なんと246万6532柱祭神を祀っています。

国事に殉じた人々を、慰霊しようという趣旨の神社で、
それ自体はとても素晴らしい事なのですが、
その国事に殉じた人々という定義が非常に難しく、
その選に漏れた故人の関係者からの不満や、
選ばれた故人に対する評価が分かれる場合の非難が、
どうしても出てくるのは致し方ない事でしょう。

でも、それって批判を承知であえて例えるならば、… 続きを読む

山口県山口市 錦の御旗製作所跡

慶応4年正月の鳥羽伏見の戦いにおいて、
薩摩藩本営東寺に錦旗が揚げられます。
これにより幕府方の諸藩は朝敵となる事を恐れ、
退却や寝返りが多発。
鳥羽伏見の戦いは、新政府軍の勝利に終わりました。

もともと「錦の御旗」は、朝敵討伐の証として、
天皇が官軍の大将に与える旗ですが、
天皇がその御旗を所持していて、
実際にその大将に与えるわけではなく、
勅命を受けた大将が… 続きを読む

「志士の風雪-品川弥二郎の生涯」古川薫

久々に出張。行きの新幹線は、「志士の風雪-品川弥二郎の生涯」古川薫著を読んでみました。

実は、古川薫を大人になって初めて読みました。
「大人になって」というのは、実家に古川薫著の「高杉晋作」がありまして、中学位に一度読んだ覚えがあります。すっかり内容忘れてますが、僕の晋作入門書であったことは間違いありません。

さて、「志士の風雪-品川弥二郎の生涯」ですが、タイトルどおり品川弥二郎の生涯を書いてます。
品川弥二郎は、松下村塾の出身で、高杉や久坂の後輩ですね。

貧しい中間の子として生まれ、身分の違いで藩校の明倫館で学習することが、
叶わなかった為、私塾を開いた元明倫館教諭である吉田松蔭のもとへ。

そこで高杉、久坂等松門四天王や、伊藤、山縣、前原等に出会う。
そして若輩ながら弥二郎は、尊皇攘夷運動に突入します。

禁門の変、第一次長州征伐、内訌戦、第二次長州征伐、戊辰戦争と、弥二郎は駆け抜ける。

維新後、弥次郎は普仏戦争観戦のため欧州へ視察旅行に派遣され、そこで、生涯の目標を見つけます。

・・あらすじになりますので、このへんにして、

内務大臣まで上りつめながら、空前絶後の選挙干渉という大汚点を残した訳は?
そして、… 続きを読む